2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の月探査機SLIM、アイドル状態では太陽光発電なしを発見:JAXA

日本の月探査機SLIM、アイドル状態では太陽光発電なしを発見:JAXA

東京 – 日本の月探査機が再び休止状態に入り、日没に向けて運用を停止したため、太陽光発電が利用できなくなったと日本の宇宙機関が木曜日に発表した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本を世界で5番目の月面着陸国にする、月調査用スマート着陸船(SLIM)の計画運用が水曜日に終了したと発表した。

JAXAは、極寒の条件に耐えるように設計されたSLIMが運転を再開するかどうかは不確実であることを認めた上で、太陽の光が太陽光パネルに届く2月中旬に運用を再開する予定だと述べた。

「ムーン・スナイパー」と呼ばれるSLIMは現地時間1月20日午後12時20分(日本時間午後3時20分)に月面に着陸し、精度100メートル未満という前例のない精密着陸を達成したことが後に確認された。 JAXAによると、従来の着陸とは異なり、目標は数キロメートル以内の精度だという。

太陽電池が発電できなくなったため、高さ約2.4メートル、燃料を除いた重さ200キロの着陸船は、バックアップ電池で稼働した後、1月22日午前2時57分に停止したが、電力が回復して運航を再開した。 月曜日。

SLIMを搭載したロケットは9月7日、日本の南西部にある種子島宇宙センターから打ち上げられ、日本にとって3度目となる月面着陸の試みとなった。

READ  中国はまだワシントンの石油放出を約束しておらず、OPEC +は動いていない