5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の札幌、記録が始まって以来最も早い25度の日を記録

日本の札幌、記録が始まって以来最も早い25度の日を記録

ウィンタースポーツで有名な日本の北部の都市、札幌の月曜日の気温は摂氏25度(華氏77度)を超え、今年の最高記録となったと気象庁関係者が発表した。

日本の北の島である北海道の中心都市である札幌は、1972 年に冬季オリンピックを開催し、毎年冬には氷の祭典が開催され、巨大な氷の彫刻が数万人の観光客を魅了します。

気象庁管区本部の職員、吉田修一氏は「札幌の気温は26度に達し、まだ上昇傾向にある」と語った。

1877年に記録が始まって以来、市内の気温は摂氏25度を超えており、気象庁はこの日を「夏日」に分類していると同氏はAFPに語った。

気象庁の基準では、30度以上を「真夏」、35度以上を「猛暑」としています。

広告 – スクロールして続行してください

吉田氏は「気候変動が気温上昇に影響を与えた可能性を排除することはできない」と述べた。 高気圧など他の要因が寄与した可能性があると同氏は述べた。

世界的には、今年はすでに異常気象と温室効果ガス排出量の増加が顕著であり、地球温暖化を抑制するための迅速な行動が新たに求められています。

欧州の気候監視団体によると、2023年6月以降毎月、独自の「史上最高気温」の記録を破っており、2024年3月も例外ではなかったという。

広告 – スクロールして続行してください

気象庁はまた、気候変動により日本の有名な桜の開花時期が平均的に早くなっているとも述べている。

昨年の桜は、2020年と2021年に重なる3月14日に東京で咲き始めました。

気象庁によると、「1953年以来、日本の桜の平均開花日は10年あたり約1.2日のペースで進んでいる」という。

広告 – スクロールして続行してください

しかし、今年は寒さの影響で、ピンクと白の可憐な花が例年より遅れて届きました。

札幌は2030年冬季オリンピック開催の最有力候補とみられていたが、2020年東京オリンピックに関連した不祥事を受けて10月に立候補を断念した。

tmo-kaf/cwl

READ  ユン・S 韓国、オランダ、米国、日本との半導体協力を強化すると発表:報道