2月 27, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の東京ランド渋谷サクラステージがオフィス物件を販売中

日本の東京ランド渋谷サクラステージがオフィス物件を販売中

渋谷さくらステージ

東急不動産は昨年11月に渋谷桜フェーズを完了した

日本の首都でオフィス賃料が上昇し続ける中、開発業者の東京土地公社は東京中心部のオフィス用地をまとめて1,000億円(6億7,300万ドル)で売却している。

開発者の親会社である東急不動産は、 東証への情報提供 同社は先週後半、新しく建設された複合施設「渋谷サクラステージ」の25階にあるオフィススペースの権益49%を、国内の機関投資家が支援する無名のファンドと東急不動産が提供した車両に売却した。

「今回の売却は、長年の経営方針に掲げる『パートナーとの共創』の事業方針の一環であり、他社資本の活用による保有資産の増加と業績向上の観点から実施するものです」東急不動産は証券取引所への声明で述べた。

日本の首都のオフィススペースの平均賃料は、テナントがアナリストの予想を上回って165,289平方メートル(180万平方フィート)相当の賃貸契約を結んだため、2023年第4四半期にそれまでの3か月と比較して1.3%上昇したと開発会社が報告した。 この期間中のグレード A オフィスは、 声明 コリアーズ著。

絶好のロケーション

取引の対象物件は、同キャンパス内にある渋谷タワー棟の10階から23階と28階から38階のデスクスペースで、面積は推定3万平方メートル以上。 推定補償額では、取引額は1平方メートル当たり330万円となる。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドの日本担当シニア・リサーチ・ディレクター、鈴木秀樹氏は、少数株売却は大手開発会社が新たなプロジェクトのための資金を確保するために好まれる手段になりつつあると述べた。

「大規模開発業者の間では、資本のリサイクルを目的とした部分所有権売却が一般的になってきている。これにより、開発業者は管理費を徴収し、更なる開発のための現金やローンを再利用しながら、不動産の管理を維持することができる」と鈴木氏は述べた。

星野宏明 東急グループ星野宏明 東急グループ

東急不動産 代表取締役社長 星野 宏樹

渋谷サクラステージは、渋谷駅から徒歩6分に位置し、総面積254,700平方メートルの2棟からなる複合施設です。 昨年 11 月に完成したこの物件は、オフィススペース、小売店、サービスアパートメントなどの設備を兼ね備えています。

テナントは、12月末までに渋谷サクラステージのオフィススペースの95パーセントをリースすることを約束した。 東急不動産の財務諸表 先週末に発売されました。 同社はタワー全体の運営を継続し、東急不動産は取引完了後もターゲットのオフィス用地の株式の51%を保有する。

渋谷のグレードAオフィス物件の2023年末時点の空室率は平均2.1%で、9月末から0.4%ポイント低下した。 コリアーズによると

東急不動産は昨年末に簿価を約300億円上回って売却され、来年3月に不動産の6割が新たな所有者に譲渡され、残りの4割が2026年3月に引き渡される予定だった。 。

キャンパスはその一部です 東急不動産の街づくりへの取り組み 同社は2012年にその戦略に基づく最初のプロジェクトを完了し、渋谷の中心部で15の不動産を開発した。

東京で働きたかった

東急不動産の渋谷サクラステージの売却は、世界で最も人口の多い都市にある高層オフィス物件を投資家が買い占めている大きな傾向に追随している。

ゴールドマン・サックスが運営するファンドは1月、丸の内エリアのグラントウキョウサウスタワーの4フロアを日本ビルファンドから412億円で購入することで合意した。 ゴールドマン・ファンドは、千代田区と中央区の境にある42階建てオフィスビルの分割にあたり、簿価を上回る31億円を2023年6月に支払う予定だ。

先月下旬、三恵不動産は東京・品川シーサイドTSタワーのテラス付き住戸をスポンサーのサンケイビルに160億円で売却すると発表した。 同じ発表で、REITが大阪のブリーズタワーの床面積を180億円で売却することも明らかになった。

今年の最初の月の別の取引で、日本ビルファンドは東京都江東区の豊洲ベイサイドクロスタワーの追加スペースを438億円で購入することに合意した。 時価総額で日本最大のREITは、スポンサーの三井不動産から38階建ての複合用途ビルのオフィスフロア7フロアを購入する予定だ。

READ  ヒュンダイモービスがジャパンモビリティショーでデビュー