11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の株式は楽観的な企業見通しで利益を得る、米中交渉は焦点を当てる

東京、11月16日(ロイター)-米中首脳会談に先立つ慎重な上限にもかかわらず、投資家が楽観的な見通しで反発したため、火曜日の日本の株式は上昇した。

日経平均株価は、グリニッジ標準時0221で0.2%上昇して29,839.25となり、0.6%上昇しました。 より広範なトピックは0.4%増の2,056.65でした。

「収益シーズンの終了後、資金は前向きな見通しのある株式に送金されました。 投資家は、今四半期以降もファンダメンタルズの強い企業を買いたいと考えています」と藍澤證券の三井郁夫財務部長は語った。

「投資家は(現在)米国と中国の指導者間のオンライン(サミット)の終了を待っています。 両国の対立を回避できれば、現在の世界経済の回復傾向は続くだろう。

中国の国家メディアによると、習近平中国大統領が仮想会議でバイデン米国大統領に、両国はコミュニケーションを強化し、平和に共存すべきであると語った後、日経とトピックスの両方が利益を加速させた。

自動車メーカーが先週述べたように、トヨタ自動車の2.19%の上昇は、Topixの利益につながり、供給不足による12月の生産損失を相殺するために、会計年度に全世界で900万台の自動車を生産する計画です。

チップ関連の東京エレクトロンと村田製作所の生産は、それぞれ1.01%と3.04%増加しました。

T&Dホールディングスは3.33%、第一生命ホールディングスは2.5%上昇し、保険会社は米国財務省の収益を上げました。

配置プラットフォームを通じて米国で足跡を築いた従業員企業であるリクルートホールディングスは、半年間の利益の増加を記録した後、2.99%減少しました。 (編集:Uttaresh.V)

READ  大谷がMLBのシルバースラッガー賞を受賞