11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の民間部門の活動は6ヶ月ぶりに成長-PMI


ファイル写真:コロナウイルス感染症(Govit-19)の発生後、安全マスクを着用した歩行者が東京のショッピング地区で日本の国旗の下を歩きます。 2021年1月6日。

東京(ロイター)-10月の日本の工場操業は前月よりも急速に成長したが、サービス部門は自宅でのコロナウイルス対策を緩和した後、21ヶ月ぶりに拡大した。

製造業者はサプライチェーンの混乱と原材料の需要の増加に苦しんでおり、健康危機が世界経済に打撃を与え続けているため、13年以上にわたって投入価格の急激な上昇に拍車をかけています。

じぶん銀行フラッシュジャパン製造業購買担当者指数(BMI)は53.0に上昇し、前月の51.5の安値から10月の季節調整となった。

主要な検査部品は生産量を示し、海外需要の高まりにより新規受注が拡大しました。

IHSマーケットのエコノミスト、オサマ・パティ氏は、「民間企業は、4月以来初めて卸売業が増加し、輸出注文の増加を加速させた」と述べた。

「企業は常にサプライチェーンの圧力と材料の不足を強調しています。」

はいじぶん銀行フラッシュサービスBMI指数は前月末に47.8から50.7に季節調整されました。

経済が政府-19の最も深刻な不振に見舞われる前は、サービス部門の活動は50.0のしきい値を上回っていました。

「チームメンバーは一般に、Govt-19症例の減少と感染管理の緩和における軽度の回復に関連しています」とPatti氏は述べています。

じぶん銀行フラッシュジャパンの合弁会社BMIは、製造業とサービス業の両方で評価され、9月末の47.9から50.7に上昇し、4月以来の最高となった。

(ダニエルロイシンによる報告)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  ラグビー:アイルランドのグレートギアニーは野蛮人の外出後に引退する