1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の沖縄では、COVID-19の症例が倍増し、緊急措置を検討しています

コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生する中、2021年10月24日、沖縄本島南部の州都那覇市にあるショッピングアーケードに保護マスクをかぶった人々が足を踏み入れました。 2021年10月24日に撮影された写真。 2021.ロイター/加藤一世

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、1月5日(ロイター)-日本の沖縄地域は水曜日に新たなコロナウイルスの発生の震源地として浮上し、前日から症例が倍増し、当局はそれを制御するための緊急措置を課すことを検討している。

南部州での新たな感染は火曜日に225から623に増加し、日本は8月以来5番目で最大のCOVID-19の波の真っ只中にありました。

沖縄県知事のデニー・タマギ氏は火曜日に記者団に、この地域は感染の第六波に突入し、非常に広範囲にわたるオミグランの変動を引き起こしていると語った。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

保健省によると、火曜日の時点で、日本では合計1,191例のオミグラン変異体が検出され、そのうち479例が社会的発生と見なされていました。

日本の主要都市でもコロナウイルスの症例が増加しています。

東京では390件の報告があり、9月以降、吉村洋文大阪府知事は記者団に対し、1日あたりの感染数は200件を超えていると語った。

沖縄の保健専門家は水曜日遅くに会合し、連邦政府に緊急措置を課すよう求めるかどうかを決定すると、州当局は述べた。

これは、2021年のほとんどの期間に実施されていたすべての緊急事態と半緊急事態が解除される9月30日以降、半緊急事態として知られるようになることを日本で初めて発表したものです。

松野官房長官は記者団に対し、連邦政府は緊急措置の要請に迅速に対応することを望んでいると語った。

対策には、レストランやバーの営業時間を制限することが含まれます。

東京の南西1,500km(932マイル)にある沖縄には、日本の米軍施設の70%があります。 コロナウイルスクラスターの調査結果とサービスメンバー間のオミグロン訴訟は、日本の当局と150万人未満の住民との関係を並べています。

松野氏は、日本は米軍に対し、沖縄で増加しているコロナウイルスを制御するためにあらゆる努力をするよう求めていると述べた。

これとは別に、日本の西部の山口県にある米海兵隊の基地は火曜日に、182人がその場所で陽性を示したと発表した。

火曜日には、日本で3か月ぶりに毎日発生する新しいコロナウイルスの症例数が1,000を超えました。 新しい全国的な数字は水曜日の後半に予定されています。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

Chang-Ron Kim、Nobuhiro Kubo、Elaine Lies、RockySwiftによるレポート。 リチャード・ブリンとロバート・ブラッセルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本は台湾危機、米中の競争からのリスクを警告します