8月 8, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の無人野菜屋台、自分で商品を選ぶ

佐藤さんがこの珍しい道端のお店で買い物をする方法を教えてくれます。

東京のような大都市に行くと、混雑していると思うのは当然です。 しかし、町から電車で90分かかると、あなたは囲まれます 自然広いオープンスペース 道端の野菜屋S。

これは通常、従業員がいない店舗の場合です 屋台内の棚に陳列されます日本の屋台で最近報告されたように、商品の預け入れ側に通常100円(0.75米ドル)程度の現金ボックスがあります。 珍しい販売スタイル

この「スタンド」での野菜の販売方法は、サイトの隣のボード(上の写真)に次のように説明されています。 「野菜の販売。収穫体験スタイル。すべてセルフサービス」

特派員の佐渡さんは、これを聞いて自分で体験しなければならないことを知ったので、東京駅で電車に乗り込み、連れ去られました。 隣接するシバ県のさくら町スタンドのある場所、約90分。

▼スタンドには正式な住所がないので、Googleマップにぴったりの場所です。

ああ、沈黙。

佐藤さんは地元の人に聞いてみたら、実際にスタンドを操作しているのは誰か 同じ「プラグ・イット・ユアセルフ」販売方法の多くの野菜層。 佐藤さんは、土地が完全に不毛だったため、最初に訪れた区画で野菜を売り切れましたが、最終的には幸運で、さまざまな農産物がまだ入手可能でした。

「野菜の買い方」

「方法」を装って、これが購入への第一歩です 自分で野菜を収穫する。 次のステップは、各庭のベッドのカードの価格を使用して収穫したものの価格を計算し、最後に、あなたのお金を手提金庫に入れることです。 DIYシステムは、上の看板の最後の文で繰り返されています。収穫から支払いまで、自分でやってください。」

サラダ だいこん -100円で10

タマネギ -各30円

ズッキーニ -各50円

夏のタイクーン -各30円

ナス -各20円

ポテト -サイズによる価格で、小品種20円から超大型品種50円まで。

スナップ -各5円

日本の壊れたシダ -各5円

佐渡さんはお菓子屋さんで子供のように感じました-このお菓子屋さんだけ ヘルシーな野菜がいっぱいの広場。 しかし、佐藤さんは都会のスリッカーで、店の棚の床から野菜を摘むだけではなく、助けを求めて周りを見回し、幸せな農夫が近づいてきました。

この農夫は変わった 悟空夫人ドメインメンテナ、そして彼はサドウ氏に野菜を選ぶための最良の方法で教育を提供することを嬉しく思いました。 なぜ床に黒い布がたくさんあるのかという佐藤さんの質問に最初に答えたのは彼女で、それが使われたと彼に言った。 雑草は抑制されるべきです、そうでない場合は、労働力を10分の1に削減します。 労働力が減ると、価格が下がって、汚い安い価格で製品を売ることができます。

おかげで、高性能雑草防除シート。

なぜこの珍しい野菜の販売を始めたのかと尋ねると、当初は野菜の土地を雑草防除シートの販売場所として利用する予定であり、国保さんが特許を取得したとのことです。 使用するには。 でも、 野菜が買えるのかと多くの人から聞かれましたしかし、農民は一日中現場で顧客を待つことができなかったので、彼らは顧客自身を助けることに決めました。

悟空さんが佐渡さんと同じように、現場にいるときは観客を助けないのは言うまでもありませんが、彼女は彼が最初のポテトバッグを手に取るのを手伝いました。

じゃがいもをスーパーで買うよりも地面から引き離すほうがワクワクし、佐藤さんが20個収穫するのにそれほど時間はかかりませんでした。

それから大根エリアに行く時間でした、そこで彼はふさふさした緑の葉ではなく根から野菜を引っ張るようにアドバイスされました。

▼தாடா! 結局のところ、私たちのチャト氏には農民がいます。

佐藤さんは、この収穫体験がもたらす素朴な喜びに笑いを隠せませんでした。 悟空さんは喜びに気づき、温室内の別のバッチに連れて行って、ズッキーニを収穫する準備ができていませんでしたが、ほうれん草を取り出して彼に渡しました。

その後、スナップエンドウに導かれ、約20人をカットし、100円でした。

訪問の最後に、佐藤さんは新鮮な野菜をたくさん持って帰りました。 彼は収穫した 中型じゃがいも16個 (そして小さかった川)、 大根2本 スナップエンドウ20個。 また、国保さんからもらった レタス いくつかの 食用 それらは技術的には無料で販売されていないためです。

ああ、彼がどれほど幸せか見てください!

佐藤さんの野菜総額は640円。 小さなコインがなかったので、700円を手提金庫に入れて小売りを続けることにしました。

彼が家に帰った野菜はすべて、彼が東京で買うと思っていたものよりもはるかに安くて新鮮でした。 リフレッシュメントと価格だけがこれらを素晴らしいものにするのではなく、それらに付随する思い出だけです。

それで、彼がそれらのジャガイモを引き抜いて、それらから土を払いのけて、彼の台所で爆弾を作るとき、彼はそれらが来た土を思い出しました。

この食材との関わりにより、佐渡さんは店頭で購入したものよりも丁寧に扱っており、座ってそのシチューを食べる時が来たとき、これまで食べた中で最も美味しいシチューでした。

சாウェッジスタンドでの佐藤さんの日は15秒に短縮されました。

DIYベジスタンドは、あらゆる年齢の人々が食べ物と再会するのに役立つ素晴らしい方法であり、東京への日帰り旅行から逃れるのに最適な場所です。 佐藤氏は、これらの屋台が全国のより多くの場所に現れることを望んでいます このDIYは温泉に立っていますそれが健康的な生活への道だからです!

画像:SoraNews24
SoraNews24の最新の記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター
[ Read in Japanese ]

READ  Skyportsが日本で新しいVerteportインフラストラクチャパートナーシップを開始