10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の田中がローザンヌバレエコンクールで2位を獲得

社会文化


スイス、モントルー、2月。 5(Jiji Press)-日本人ダンサーの田中月乃が、スイスのモントルーで土曜日に開催された、若いバレエダンサーのための権威ある国際コンクールである今年のローザンヌ国際バレエ団で2位を獲得しました。

涙をぬぐいながら、「信じられない。夢のようだ」と大阪府東大阪出身の17歳の田中さん。 「完璧ではありませんでしたが、この夢のステージで踊ることは私にとても楽しいことを与えてくれました。」

田中は4歳でバレエを踊り始め、2020年8月からチューリッヒの学校で勉強しています。

彼女はCOVID-19のパンデミックのために自宅で練習することを余儀なくされました。 「思い通りに動けなかったので大変でしたが、防音シートなどいろいろなことをしました」と彼女は練習について語った。

神奈川県横浜市出身の日本人ダンサー、高田幸也さん(18)は、入賞に失敗したファイナリストの一人で、「ファイナリストになることで自信がついた」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信社

READ  日本が介入して円の下落を支えよう