10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の石油会社ENEOSが再生可能スタートアップを17億ドルで買収

日中の石油会社であるエニオスホールディングスは、東京を拠点とする日本再生可能エネルギーを2,000億円(17億ドル)で購入する準備をしています。

Eniosは、米国の新興企業であるゴールドマンサックスとシンガポールのソブリンウェルスファンドであるGICからすべての株式を購入します。 石油会社はゴールドマンと詳細を精緻化しており、来週初めに発表する予定です。

これは、日本の大手石油卸売業者による大手再生可能エネルギー会社の最初の大規模な買収です。

エニオスのスポークスマン、日経は「買収については何も決定していない。再生可能エネルギー事業を拡大するためのさまざまなオプションを検討している」と語った。

2012年に設立されたJREは、太陽光発電所、風力発電所、バイオ発電所の運営に重点を置いています。 日本と台湾に約60の工場があります。

同社の総出力は、平均的な原子力発電所と同様に、まだ開発中の発電所を含めて約88万kWです。

このスタートアップはゴールドマンの子会社であり、GICが所有する持ち株会社です。 EniosはJREを子会社にします。

東京商工リサーチによると、JREの2020年の売上高は36億円、純利益は6億7800万円。

エノスは、石油ベースのビジネスモデルからの移行を加速するために、買収に多額の資金を投入します。 洋上風力発電に関するJREの専門知識を強化し、ビジネスに伴う権利と利益を引き継ぐことを望んでいます。

日本政府は、2040年までに45ギガワットの海上風力発電を導入するという目標を設定しています。 沿岸の風力発電所は、再生可能エネルギーを主要な電源に変換する国の取り組みにおいて重要であると考えられています。

海上では風速が強く安定します。 日本が群島と考えられるならば、再生可能エネルギーの供給を増やすために海洋風力発電所の開発は不可欠です。

しかし、政府は海上航空基地を促進できる地域を指定すべきであり、地元の漁師との交渉には時間がかかるだろう。 その結果、国内には商業用風車はほとんどありません。

JREは、長崎や秋田などの州ですでに沿岸風力発電所の建設を開始しています。 日本北部の本島である北海道に拡大する予定です。 ゴールドマンの投資により、JREは2030年以降、沿岸風力発電を多用する態勢を整えた事業を立ち上げることができました。

Eniosは、JREの買収により、石油会社がより早く市場に参入し、沿岸風力発電が自力で成長するのを防ぐことができると考えています。

多くの国内外の企業が購入提案でJREにアプローチしています。 場合によっては、交渉が行われた。 ゴールドマンは、エニオスが支払う意思がある金額と、エニオスとJREの間の潜在的な相乗効果を考慮した後、最終決定を下した可能性があります。

石油会社は、暫定事業計画において、2023年3月までに4,000億円の再生可能エネルギー投資目標を設定している。 JREの購入は目標のほぼ半分に達します。

6月、エネオスは、特に内需の落ち込みを受けて、再生可能エネルギー製品への投資を拡大するために3000億円の社債を発行すると発表した。

同社は、JREの買収を利用して、再生可能エネルギーの動きを加速し、世界が脱炭素化に移行する中での激しい競争の時代に備えています。

再生可能エネルギー関連企業の合併や買収が増えています。

2020年、スブ電力・貿易会社の三菱商事はオランダのエネルギー会社エネコを5000億円で買収した。 日本のリース会社オリックスは、スペインのイレブンエナジーを1,000億円で買収することを決定した。

READ  アジアの株式は連邦政府の機会で急上昇しますが、中国は上昇します