9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の福島原発事故のクリーンアップ:INパネルは、あいまいな作業は計画どおり2051年までに完了する可能性があると述べています

東京発-大惨事から10年後、日本の福島第一原子力発電所の損傷した原子炉内の溶融燃料についてはほとんど知られていない。これは計画通り2051年までに停止を完了したと言える。 言う。

「わからない、誰か知っているかどうかわからない」と、プラントの浄化の進捗状況を監督する国際原子力機関の委員会のクリストフ・チェリー委員長は述べた。

2011年3月の大地震と津波により、東北地方の福島工場の冷却システムが破壊され、3基の原子炉が溶解しました。 1986年のチェルノブイリ事故以来最悪の原子力災害でした。

日本政府と公益事業当局は、その撤去は30年以内に完了すると信じており、一部の専門家は、それはあまりにも有望であり、完全な撤去でさえ不可能であると述べています。

IAEAの原子燃料循環廃棄物技術部門の責任者であるジェリー氏によると、最大の課題は、損傷した3基の原子炉から過剰な放射性燃料の破片を除去して管理することです。

同氏は記者団に対し、「今後30年間でプロジェクトが期待通りに完了するかどうかを確認するために、燃料廃棄物に関するより多くの情報と燃料廃棄物の回収経験を収集する必要がある」と語った。

浄化計画は、長期貯蔵と管理のために溶融燃料がどのように扱われるかに依存すると彼は言った。

災害後5回目のIAEAパネルのレビューは、コロナウイルス感染のために主にオンラインで行われた。 金曜日に日本政府に報告書を提出する前に、ジェリーと他のチームメンバーだけが工場を訪れました。

パネルは、2018年の前回のレビュー以降のいくつかの分野での改善、損傷した原子炉の貯蔵タンクからの使用済み燃料の処分、および先週承認された日本政府の計画に留意した。 2023年までに、太平洋の腐敗した植物では、放射性ではあるが水が停滞していました。

漁師らからの支援を期待している。

ジェリー氏によると、クリーンアップに必要な新技術の研究開発には10年から20年かかるという。

政府関係者とプラント運営者である東京電力ホールディングスは、製油所が完成したときのプラントの様子を明確に示していませんでした。

READ  超高価なカプセル玩具-日本のプレミアムカチャバンマシンを試す【写真