11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の福島首相は、下水処理を遅らせることはできないと言います

東京(AP)-日本の新首相は日曜日に、津波に襲われた福島原子力発電所に貯蔵された下水を大量に処分するのを遅らせることはできないと述べた。

岸田文雄氏は、就任後の初めての施設訪問で、政府は廃水処理プロジェクトの技術的安全性について工場周辺の人々を安心させるために努力すると述べた。

2011年の地震と津波の後、福島第一工場は3回溶けました。

岸田は、運営会社である東京電力ホールディングスの短い見学を通じて、引き続きプラントを非アクティブ化し、精製されたが放射性の水を収集しました。

岸田文雄ツアー終了後、記者団に語ったところによると、「水問題は、後押しする必要のある重要な問題だと強く感じました。

4月、政府と東京電力は、2023年春に数十年の水を太平洋に放出し始める計画を​​発表した。

この計画は、漁師、住民、そして中国や韓国を含む日本の隣国から強く反対された。

汚染された冷水は、災害後も損傷した原子炉から漏れ続けています。 水は基礎から汲み上げられ、約1,000のタンクに貯蔵されます。オペレーターは、来年末までに容量に達すると述べています。

日本の当局者は、植物をきれいにするために水の除去が不可欠であり、それを海に投棄することがより現実的な選択肢であると言います。

岸田氏は、脱水が地元の漁業や他の産業に影響を与える可能性があるという懸念に対処するために、政府は全力を尽くすと述べた。

「さまざまな懸念を払拭するために、科学的な観点と透明性から保護(除去)について説明します」と岸田氏は語った。

日本は、国際原子力機関から、世界の安全基準が満たされていること、および廃水処理を含むその放射線レベルが法定限度を下回っていることを確認するよう求められています。

READ  日本は企業を支援するために気候変動資金を促進すべきである-元日銀幹部