8月 20, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の福祉カウンセリングは、エピデミック前の状態から倍増

厚生省がまとめた予備データによると、日本で財政難に直面している人々からの相談件数は、2021年度上半期に2019年以前の2倍以上になっている。

4月から9月にかけて急増したのは、昨年夏のコロナウイルス感染の第5波で、職を失った人や賃金の引き下げを経験した人からのアドバイスが増えたことを反映しています。

2021年10月23日、東京のいぶくろエリアの公園で困っている人たちに、非営利団体から無料のフードバッグが寄贈されました。 (京都)==京都

厚生労働省によると、全国約900の市町村が指定する福祉事務所は、2019年の124,439件から、合計307,072件の相談を受けた。

第5波の間に、日本は多数のCOVID-19症例を記録し、政府にいくつかの州で新しい非常事態を発令するよう促しました。

政府のデータによると、今年は流行のために約43,000人が解雇または解雇された。

オミクロン種の感染数が増えるにつれ、同省は地方自治体に対し、多くの公共施設が閉鎖されている場合でも、年末年始や年末年始。

2020年度上半期からの最近の減少と雇用状況の改善の兆しが見られる中、多くの女性労働者や不規則な労働者を雇用している住宅およびレストラン事業は依然としてウイルスの影響を強く受けています。

セーフティネット対策として、市町村は、当局による生計保護が必要になる前に、福祉事務所を通じて困っている人々からのカウンセリングの要請に対応しています。

日本で約120万人の労働者を代表する全国労働組合連盟の黒澤浩一幹部は、次のように述べています。

警察庁によると、2021年の男性の自殺者数は前年よりも少なくなるが、女性の自殺者数は変わらない。

東京を拠点とする非営利団体である貧困層の人々を大切にする団体は、流行により貯蓄を利用したり精神的に攻撃したりすることを余儀なくされたため、昨年よりも多くの人々が食料を探すようになったと語った。

「これまで貧困に陥ったことがないので、支援に値することを理解していない人もいます」と、NPOモヤイのリーダーである大西れんは語った。


関連する報道:

日本は貪欲な経済に資金を供給するために記録的な追加予算を準備します

日本の岸田文雄首相は、異議申し立ての恐れの中で「最悪の事態に備える」ことを誓った。

日本銀行は経済成長を遅らせ、価格設定を簡素化し、政策を促進します


READ  日本の自動車メーカーはEV予測で最後に死んだ