6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の科学者はヒトiPSを利用して精子と卵子の細胞を大量生産している

日本の科学者はヒトiPSを利用して精子と卵子の細胞を大量生産している

西日本にある京都大学の研究チームは、ヒト人工多能性細胞を使って、精子や卵子になる能力のある細胞を大量生産することに成功した。

英国科学誌ネイチャーのオンライン版に月曜日に掲載されたこの研究では、男性と女性の始原生殖細胞の数が初期培養段階から100億個以上増加した。 発生の初期段階でヒト細胞を入手することは技術的に困難でした。

研究チームメンバーの一人である京都大学教授の斉藤道則氏は「(今回の発見は)研究のペースを加速させるだろう」としながらも、そのような目標を達成するにはまだ多くの分野で障害をクリアする必要があると指摘した。 。

科学者らは、彼らの発見が最終的には「始原生殖細胞」から「前精子」と「原生細胞」を経て発生する卵子と精子の生産につながることを期待している。

京都大学の斉藤道則教授(右)と他の科学者は、2024年5月17日に京都で記者団に対し、ヒト人工多能性細胞を使って精子や卵子になる能力のある細胞を大量生産することに成功したことを説明した。 (京都)

研究チームはすでに、マウスの体細胞を使って生殖細胞を作製し、卵原細胞を増殖させる計画を立てていたが、効果がないと判断された。

今回、研究チームは、初期の生殖細胞様細胞を用い、骨形成タンパク質シグナルを加えることにより、わずか2カ月で卵原細胞と前精原細胞を作製することに成功した。

研究者らによると、約4カ月の培養期間中に細胞の数は100億倍に増加し、製造プロセスは比較的簡単だったという。

生殖細胞は分裂する際、エピジェネティックな再プログラミングと呼ばれるプロセスを経て、親のエピジェネティックな記憶をリセットし、前精原細胞または卵原細胞の増殖につながります。

実験室環境でヒトのエピジェネティックな再プログラミングを再現することは基本的な課題ですが、この研究は、ヒトにおけるエピジェネティックな再プログラミングの構造を解明するために、多数の精原細胞および卵原細胞を生成することにより、このプロセスへの洞察を提供しました。


関連報道:

科学者が日本で初めて人間臓器移植用のブタを飼育

スマートグラスを使った大学入試不正事件を書類送検

規模変更で米国の核実験回数増加:平和NPO


READ  日本、X線望遠鏡と月着陸船を搭載したロケットを打ち上げ - NBC 5 ダラス・フォートワース