10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の空飛ぶ車のスタートアップ大阪を見てみましょう

日本の空飛ぶ車のスタートアップは、東京西部の大阪市の地方自治体や大企業と緊密に連絡を取り合うことで、SFのような運動システムを通じて人々の信頼を獲得することに関心を持っています。

東京に本拠を置くSkyDriveは、電動垂直出発着陸(eVTOL)航空機で運用されており、先週、大阪の市および州政府と業界を促進するための合意に署名しました。

SkyDrive 2025は、大阪万国博覧会を利用したモバイルサービスを開始し、大規模な出発や着陸施設を必要とせずに訪問者を飛行機で連れて行きます。

「大阪府と大阪市の強力なリーダーシップが私たちの計画を前進させている」とスカイドライブの最高経営責任者である福澤知宏氏は水曜日に日本の外国記者会で述べた。

「合意の下で、EVTOLを確立するだけでなく、社会的受容を生み出し、大阪にスタートアップエコシステムを構築することも可能になるだろう」と福沢氏は語った。

スカイドライブは昨年、大阪の関係者との関係を深めました。 2020年11月、このスタートアップは、憲法政府によって設定された円形テーブルの主要メンバーになりました。 約40社からなるパネルでは、「空気運動革命」を実現する方法について議論しています。 福沢氏によると、スカイドライブは港湾、民間航空、警察などの地方自治体と話し合っているので、人々は安心しているという。

東京を拠点とするスカイドライブは、大阪の市や地方自治体と空飛ぶ車産業を促進するための協定を締結しました。 (写真:加納博文)

スカイドライブは先月、大阪湾地域の大林組と関西電力という建設チームを含む5つの大企業を対象としたエアタクシー事業の実現可能性調査を発表した。 調査結果は、今後数か月以内に予定されています。

「湾岸地域から始めたい [to create] 社会的受容と人々の心の安心感」と語った。「福沢氏は、安全の確保は同社と空飛ぶ車業界にとって最大の課題である。スカイドライブは日本の民間航空局の認定に取り組んでいる。

SkyDriveはこれまでに4800万ドルの資金を受け取り、昨年8月に日本で最初に成功した無人航空機を発表しました。 同社は2018年に元トヨタ自動車エンジニアの福沢によって設立されました。 その最新のプロトタイプは、電気式のプロペラ駆動車両です。 シングルシートで普通車の2倍の大きさです

福沢氏によると、同社は2025年までに2人乗りモデルの構築を目指しているという。

実用的な空飛ぶ車を市場に出すための競争は世界中で激化しています。 米国のジョビー・アビエーションは、福沢氏を先月ニューヨーク証券取引所で取引を開始した大型eVTOL航空機のリーダーであると説明しています。 2020年1月に5億9000万ドルを調達しました。これには、トヨタからの3億9400万ドルが含まれます。

ドイツのボロコプターは先週、ロサンゼルスの都市型モーションラボと連携して航空機を飛ばす可能性を探りました。

しかし、これからは多くの課題があります。 中国で配達、消防、観光用の自律型ドローンを運用している中国のEhang Holdingsは、2020年に4年連続で純損失を記録しました。 地域のリーダーと見なされているナスダック上場企業は、財政問題に直面しています。 中国および海外での航空機の認証に向けて前進しています。

READ  アメリカのオリンピック観客はストリーミングに切り替えます。 日本とオーストラリアの格付けが上がる