6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の第1四半期GDPは設備投資最新情報で当初報告を下回った:ロイター調査 | マイティ 790 KFGO

日本の第1四半期GDPは設備投資最新情報で当初報告を下回った:ロイター調査 | マイティ 790 KFGO

梶本哲史著

[東京 30日 ロイター] – 金曜日のロイター調査では、1─3月の日本経済は当初報告より若干遅いペースで縮小した可能性があることが示された。

エコノミストらは、減税や賃金上昇により今四半期は成長が回復すると予想しているが、円安による輸入コストの上昇が消費を圧迫する可能性があるほか、一部の自動車メーカーの混乱が重石となる可能性がある。

月曜日に発表された内閣府の統計では、第1・四半期の国内総生産(GDP)縮小率は前年同期比1.9%に減速すると予想されており、当初発表された2.0%縮小よりも若干改善する見通しだ。

改訂された数値は、当初の数値から変わらず 0.5% の四半期に大まかに換算されます。

第1・四半期の民間需要の指標となるGDP改定値は0.7%減で、設備投資は当初予想の0.8%減から若干修正されると予想され、GDP上方修正の主な要因となった。

暫定データによると、日本経済の半分以上を占める個人消費は、円安で家計が圧迫され生活費が上昇したため、第1・四半期に0.7%減少した。

外需、つまり輸出から輸入を差し引いた額は、GDP 全体の数値から 0.3 パーセントポイント差し引かれます。

日本銀行(日銀)が6月12日に発表する別のデータでは、企業が相互に請求する価格を示す企業物価指数が5月に前年同月比2.0%上昇、前月比0.4%上昇したことが示されると予想されている。 -月。

(取材:梶本哲史、編集:サム・ホームズ)

READ  日本のランダムな目的地のRoll-The-Die列車のチケット:信じられないほど安い道...どこか