1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の第3四半期のGDP低下は、SoftCapexで予想されたよりもわずかに大きいように見えます:ロイターの世論調査


2020年8月17日、コロナウイルス感染(COVID-19)の最中に、女性が東京の商店街を歩きます。 ロイター/キム・ギョンフン/ファイル写真

ContoroGomia著

東京(ロイター)-日本経済は7月から9月の四半期に予想よりも早く縮小する可能性がある、金曜日のロイターの世論調査は供給制限の影響を受けた企業の間で設備投資が停滞していることを示した。

19人のエコノミストによる世論調査によると、世界第3位の経済は第3四半期に前年比3.1%縮小する可能性があり、先月発表された政府の当初の見積もりの​​3.0%縮小よりもわずかに大きい。

減少は過去2か月よりも小さかったものの、別のデータによると、家計支出は10月に3か月連続で減少し、Covid-19の症例数が減少したことで消費者心理が改善したことを示しています。

国内消費への圧力が緩和される中、政策立案者が金融政策を緩和し、エピデミックを抑えるために金融政策を拡大し続けているにもかかわらず、来週の報告は日本経済が回復するのにしばらく時間がかかるかもしれないことを示唆している。

エコノミストは、7月から9月にかけての設備投資が3.9%縮小すると予想しています。これは、政府が予測した3.8%の予想よりもわずかに大きい縮小です。 今週の財務省のデータは、サプライチェーンの嫌がらせによる事業支出の減速を示しました。

SMBC日興証券のエコノミストは、第3四半期のデルタ変動と自動車セクターの供給問題により、日本経済は引き続き大きな打撃を受けていると述べています。

「日本経済は、自動車セクターの供給制限が緩和されたため、10月から12月にかけて成長が加速すると明らかに予想されている」と述べた。

世論調査によると、10月の家計支出は前年比0.6%減少し、9月の1.9%減少にとどまらず、政府19の規制が徐々に緩和され、消費者の支出が増加した。

政府12月改訂された第3四半期のGDPデータを8月8日の現地時間午前8時50分(12月7日2350 GMT)にリリースし、12月7日の午前8時30分(12月6日)に家族支出データを発表します。 2330 GMT)。

12月10日の午前8時50分(12月9日のグリニッジ標準時2350時)の個人データによると、卸売インフレはさらに加速して40年ぶりの高値に達すると予想されています。 企業の商品価格指数は、10月に8.0%上昇した後、11月には前年比8.5%上昇した可能性があります。

(Condoro Gomiaによる報告、Ana Nicolaci da Costaによる編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  安川電機は、日本の株は回復を期待して急上昇すると予測している