1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の米軍基地の日本人労働者は、軍事爆発の後にオミクロンと診断されました

東京発-沖縄の米軍基地で日本人労働者がこの病気と診断された Govit-19のオミグロンバリアント 沖縄県知事は、現場で米軍関係者が爆発した際に語った。

この診断は、オミグランが日本で場所を見つけたのではないかという懸念を引き起こしました。

沖縄県知事の玉城デニー氏は、沖縄県キャンプハンセンにある米海兵隊基地の労働者が12月12日にコビット-19の症状を示し、検査後にオミグラン変異体と診断されたと述べた。

一方、沖縄の関係者によると、金曜日に発表された70人を含むサイトの約99人の米国人従業員が最近Covit-19の陽性反応を示しており、クラスター内の何人がオミグランの亜種を持っているかはまだわかっていません。 彼らは、日本のオミグラン事件が米国のクラスターに関連しているかどうかを調査していると述べた。

新たな研究は、ブースターが役立つように見えますが、オミグロンは以前の政府の亜種よりも現在のワクチンに対してより耐性があることを示しています。 WSJのDanielaHernandezは、抗体がomigranとどのように相互作用するかを研究する研究室の中でユニークな外観をしています。 写真の説明:トムグリロ

玉城知事は、陽性を示したアメリカ人のほとんどが今月初めに米軍が国内で最大の常設存在である軍用機で沖縄本島に来たと述べた。 知事は、米当局者が軍人と地元の日本人との接触を制限するために基地の制限を強化したと述べた。

海兵隊のインスタレーションパシフィックは、ハンソンキャンプでの爆発に対応して、コビット-19の警戒レベルを上げました。

フェイスブック

ページ。 海兵隊のスポークスマンはコメントを求められなかった。

最近の発生を回避するために、日本では1か月以上にわたって1日あたり200件未満の新しいKovit-19症例が発生しています。 隣国の韓国 としても アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、その他。 しかし、商用航空で日本に入る人々の間でますます多くのオミグランの症例が報告されており、それらの個人が他の人に感染したいくつかの症例は、この変化が最終的に一般大衆を去る可能性を高めています。

2020年7月、米国 沖縄に拠点を固定 7月4日の独立記念日に続く米国の従業員の間でのコロナウイルスの発生中。

に書く Peter Landers(Peter.landers@wsj.com)

Copyright©2021Dow Jones&Company、Inc。 全著作権所有。 87990cbe856818d5eddac44c7b1cdeb8

READ  日本のチームは、緊急前の拡張をさらに8つの州に調整します