9月 25, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の経済は多くの人が認識しているよりも強い

“NS。彼はとても あらゆる国の繁栄の決定的な兆候は、その市民の数の増加であり、「1776年にアダム・スミスを書いた。「国富論」。これの有害な経済的影響で警告した。

この炭鉱のカナリア。 1980年代の活況を呈した経済は、世界を恐怖に陥れました。 1990年代にバブルが崩壊した後、公的債務の気球とデフレが始まりました。 欧米の多くは日本の信用と日本銀行(戦争)インフレを高めるには、さらに多くのことを行う必要があります。 2013年に 戦争グロダ知事では、ハルヒコは劇的な切り下げに陥った。 負債は約230%でした GDP。 奇妙なことが起こりました。金融危機はなく、インフレは2%の目標に達しませんでした。 黒田氏の先駆者であるシルカワ・マサキ氏は、「マクロ経済学の標準的な教科書には、さらにいくつかの章が必要であり、日本が直面している問題を捉えていない」と述べた。

多くの富裕国は現在、同様の「長期停滞」に直面しています。つまり、インフレ率の低下、金利の低下、成長率の低下です。 最近高インフレが発生しているものの、金融市場は長期停滞がまもなく戻ってくると述べています。 人口は大きな要因です。 日本は単に高齢化し、縮小し始めていました。 日本が適応し、他の人々もそのように変化したため、一部のエコノミストはその経済を新しい見方で見ています。

借金は問題ではありません。 Peterson Institute for InternationalEconomicsのAdamBosenは、「私たちが考えていたのは経済的限界ではなく、もはや経済的限界ではない」と主張しています。PIIE)思考タンク。 「」[Japan] 人々は現実に直面することを余儀なくされました:金利は非常に長い間成長率を下回るでしょう。 公的債務は100%を超えています GDP ほぼ25年間危機を引き起こすことなく。

国は自国通貨での借り入れを支援しており、政府は莫大な金融資産を持っています 戦争 負債の大きなシェアを持っています。 しかし、コロンビア大学のデビッド・ウェインスタインが主張するように、日本も支出を管理することができました。 2000年以来、彼はマーク・グリーンと一緒に論文を書いています、高齢者の一人当たりのコストは実際に下がっています。 「人々が見逃している静かな活動があります」とワインスタイン氏は言います。 「日本には調整能力がほとんどないため、市場は静かです。」 税率が低くなると、歳入を増やす余地もあります。

一部の人々は、金利が上昇した場合に何が起こるかをまだ恐れています。 理書大学の吉川洋学長は、日本は税金を徴収することで対応できるので、債務を心配する必要がないという議論は「高学歴」だと述べています。 消費税の引き上げは政治的損失です。 政策立案者は、新たな財政的ニーズを生み出す外部のショックに追い詰められています。 最近、矢野浩二財務副大臣が国の財政状況を比較するコラムで騒ぎを起こした。 タイタニック

経済的な場所を探しています

しかし、金融政策はもっと積極的に使われるべきだと主張する人もいます。 多くの人が、2014年と2019年の2つの不適切な消費税の引き上げを後悔しています。 最近の安倍さんのお気に入りの候補者 LDP リーダーシップの賭けは、政府が主要な均衡目標まで延期することを求めた 戦争 インフレは目標に到達します。 11月下旬、岸田文雄政権は55.7兆円(4,830億ドル)の大規模な金銭的インセンティブを発表した。

インフレ率の上昇は容易ではありません。 グロダ氏の下で、 戦争 ボリュームリラクゼーションの拡大、インフレ目標の採用、各種資産の取得。 これは、国を穏やかなデフレから脱却させるのに役立ちましたが、めったにありません。 「私たちはインフレの問題を誤解しました」とボーセン氏は言います。 「長期停滞は、私たちが思っていたよりも現実的で長続きすることがわかりました。」

インフレ期待がゼロ付近に固定されると、それを引き上げることは困難です。 また、労働市場が逼迫しているにもかかわらず、賃金は急上昇しなかった。 長曽宏元副知事は、組合は賃金の上昇よりも雇用の安定を好むと考えている。 戦争。 企業は徐々にパートタイム契約でより多くの「非在来型」労働者を引き受けました。 彼らは労働力の40%を占めており、1990年の2倍です。 相反するインセンティブは賃金を下げるのに役立ちます。多くの女性は、夫婦の控除対象の税額から時間や収入を差し引きます。

高齢化、人口需要の減少、インフレを比較検討することができます。 Shirakava氏にとって、これは一種の正当化です。 で議論 戦争 インフレは低成長因子の兆候であり、原因ではありません。 白川氏は、新刊 『The Tumultuous Times』の中で、人口変化が成長に与える影響は「まだ過小評価されている」と述べています。

全体的な成長は鈍いですが、最近、一方の頭の成長はもう一方の頭の成長に匹敵しています。 G7。 失業率は低く、平均余命は長く、不平等は比較的低いです。 「2000年に日本を最も批判した欧米のエコノミストは、私も含めて東京に行って天皇に謝罪すべきだろう」とエコノミストのポール・クルーグマンは2020年にツイートした。 「彼らはうまくいきませんでしたが、私たちは非常にうまくいきませんでした。」

しかし、日本はまだもっとうまくやることができます。 公共支出は、長期的な成長を促進することを目的とすべきです。 東京のエコノミストは、政府が疫学マニュアルを無駄にしていることを嘆いている。東京大学の星江タコスの調査によると、2020年までにGovit-19以前にすでに苦労している企業に財政支援が行われる可能性が高い。

生産性の向上は、人口減少の影響を相殺するのに役立ちます。 吉川氏は、イノベーションは成長にとって重要であり、その時代は起業家が解決できる新たな問題を生み出すと信じています。 世代交代が役立ちます。 多くの人がより安定したものを好みます சரரிமான் (給与)大企業での仕事、今日の最も優秀な卒業生の何人かはスタートアップに行きます。 「潮の満ち引き​​があります。それらは異なる種です」とNynami氏は言います。 しかし、特に柔軟性のない労働市場では、構造改革も必要です。 労働者は企業と企業の間を移動しやすく、企業が正規の労働者を搾取するのは難しいはずです。

それでも、自分の利益に反対することもあり、生活が十分快適であるため、改革への圧力は低い。 「深刻な病気ではなく、慢性的です」と長曽氏は語った。 「あなたは本当に痛みを感じませんが、それは長期的にはあなたの健康に影響を及ぼします。」 これは治療することができます。 ポーセン氏が言ったように、「1万円札が地面に横たわっていて、拾われるのを待っている」。 日本の指導者たちは彼らを捕まえるのだろうか?

この記事は、「多くの人が感じたよりも強い」というタイトルの印刷版の特別版に掲載されました。

READ  元日本の安倍首相は、AIとサイバーに関するAUKUSとの東京の協力を呼びかけます