11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の脳炎による死亡が日本の西田県で報告されています


Newsdesk著 bactiman63

京商島国東市の女性が蚊媒介性疾患である日本脳炎で亡くなりました。 地元メディアの報道によると。

画像/ Michael KaidaPixabe経由

報告によると、80歳未満の女性は9月12日に症状を示し、9月29日に死亡した。

これは、2006年以来、州で確認された日本脳炎による死亡の最初の症例です。

日本脳炎(JE)は、アジアにおけるウイルス性脳炎の主な原因です。 年間約68,000件の医療が報告されています。 これは通常、農村部または農業地域で発生し、多くの場合、水田の栽培に関連しています。

Explosion NewsTVを購読する

JEウイルスは、感染者に刺されて人間に感染します。 イエカ 特に蚊の種 アカイエカTrideniorhinkus

ほとんどのJEウイルス感染症は軽度(発熱と頭痛)または明らかな症状はありませんが、約250の感染症は、重度の発熱、頭痛、こわばり、めまい、昏睡、発作、痙性脳卒中、および死亡を特徴とします。 症状のある人の死亡率は30%にもなることがあります。

予防接種は病気を発症するリスクを75-95%減らすことができます。

READ  スターバックスは夜に走っていますか? 日本では閉店前にチェーン商品の割引が始まります