4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の若き特攻隊員たちの最後の手紙は、第二次世界大戦についての貴重な洞察を提供する

日本の若き特攻隊員たちの最後の手紙は、第二次世界大戦についての貴重な洞察を提供する


鹿児島県
CNN

特攻隊員のことを考えてみると、おそらく頭に浮かぶイメージは、死の淵に落ちていくゴーグルで隠された叫び声ではないでしょうか。

あるいは、軍艦に突っ込む顔のない戦闘機。

半地下の掩蔽壕でベッドシーツを頭からかぶって泣くのは若者ではない。

アメリカの空母が沈没して焼身灰になる何時間も前に、高校生たちが喜んで子犬を撫でているわけではない。

しかし、これらは、九州にある鹿屋航空基地博物館と芝蘭平和資料館の壁に並ぶ特攻隊員の本当の顔の一部です。

それらは何百もあります。

多くの映画では、母親への手紙の中で、若かりし頃の無分別を謝罪し、誇りに思ってもらうと約束する最後の言葉を見ることができます。

デビッド・グッテンフェルダー/AP通信

知覧特攻平和会館の壁に飾られた、第二次世界大戦中にアメリカ軍に対する自爆攻撃で命を落とした日本の特攻隊員の写真を見る3人の女性。

最年少の特攻パイロットは、わずか16歳の田中康夫だった。彼は岡号を操縦した。本質的には翼はあるが、母機から投げ出された車輪のない爆撃機だ。 彼は 1945 年 5 月 11 日に亡くなりました。 彼の写真は、現在の海上自衛隊基地にある鹿屋博物館で見ることができます。

博物館関係者は、若い女性からの最後の手紙は残っていないが、他の若い特攻隊員からの手紙は若者の勇気を示していると述べた。

18歳の加藤虎雄少尉は太い筆で日本語でこう書いた。
「親愛なるお母さん、元気で長生きしてください。 大きいのを破壊してみます。

最年長の特攻隊員は32歳で、1945年4月1日に芝蘭空軍基地から最初の飛行を率いた師団長、陸軍中佐の逸井義雄だった。

逸井さんは妻と、乳児を含む幼い子供3人を残した。 知覧博物館の「特攻の心」という本には、五井さんが子供に宛てた最後の手紙が収められており、知覧博物館に展示されている。

五井さんは「一生懸命働いて、立派な日本人、そして天皇の息子に成長してください」と記した。

その本によると、彼の息子はその手紙を決して読まないという。 パイロットの妻は彼の死を知ったとき、男児に母乳を与えることができず、4か月後に栄養失調で死亡した。

10月の晴れた朝、キロン博物館の講堂で、特攻の歴史についてのプレゼンテーションを聞いていた30人ほどの聴衆のほぼ全員が、逸井のような物語を聞いて涙を流した。 日本語を話さない外国人でも、スクリーンに映る映像や劇場にいる人々の感情だけで涙が溢れてきます。

プレゼンテーションの画像の中には、子犬を撫でる若い特攻隊員の姿もあり、多くの人が『スーサイド・スクワッド』史上最も重要な画像だと考えている。

ビラの年齢層は17歳から19歳までで、全員がいわゆるヤングボーイパイロット、つまり特攻部隊が創設される前に14歳で空軍訓練隊に入隊した若者たちだった。

『ザ・マインド・オブ・カミカゼ』によれば、「彼らのほとんどは、自分たちが特攻隊員になるとは思っていなかった」という。

「しかし、彼らは自らの運命を知ると、ためらうことなくその義務を受け入れた。国と両親のために死ぬ価値があると彼らは信じた」と本には書かれている。

子犬の写真に写っている5人の若者は、1945年5月27日に特攻隊員として亡くなった335人の少年パイロットのうちの一人だった。

ブラッド・レントン/CNN

シラン平和博物館の敷地内にある、特攻隊員たちが任務の前に最後の夜を過ごした掩蔽壕を再現したもの。 パイロットが去った後に客室が掃除されたとき、作業員らはベッドが涙で濡れていたと報告した。

知覧博物館の壁に描かれた絵の中には、アメリカ人の高野正次大尉の絵もある。

博物館の資料によると、彼はハワイで生まれ、日本人女性と結婚し、大学進学のために日本に移住し、特攻隊に徴兵されたという。

彼の最後の手紙には、「必ず敵の軍艦を撃墜する」という言葉とともに急降下飛行機の絵が書かれていた。

高野には3人の兄弟がおり、1人は日本のために戦い、2人はヨーロッパで米軍のために戦った、と本には書かれている。

カミカゼは、「神」を意味する「カミ」と「風」を意味する「ガス」という 2 つの日本語の単語を組み合わせたものです。 この言葉は 1281 年に辞書に登録されました。そのとき、巨大な台風が、防御が不十分な日本に向かったモンゴル侵攻艦隊を圧倒し、日本を悲惨な戦いから救いました。

日本では、第二次世界大戦の神風特攻隊員は「特別攻撃」パイロットを意味する「特攻」としても知られています。 1944 年に太平洋での戦局が日本軍に不利になったとき、ATM はアメリカの侵略から日本の本土を守るための最後の努力であり、爆弾を積んだ飛行機をアメリカの軍艦に衝突させる戦術でした。 大西瀧治郎が創立。 米陸軍アーカイブ用。

博物館が提供した数字によると、軍の​​一員だった少年と男性は合計1,036人が特攻作戦で死亡した。

ブラッド・レントン/CNN

日本の鹿屋航空基地にある博物館を訪れた人は、特攻機に似た戦闘機のコックピット内部を垣間見ることができます。

さらに1,584人が海軍部隊のために飛行していた。

2 つの支部の間で、彼らは 1,730 を超える戦闘任務を飛行しました。

そして彼らがアメリカ海軍に与えた犠牲は甚大なものでした。

米海軍歴史遺産司令部は、1945年4月1日から6月22日まで起こった沖縄戦を、米海軍にとってこれまでで最も悲惨な戦いだったとしている。

米国国防総省によると、沖縄への神風攻撃により、この戦争で死亡した米軍兵士1万2000人のうち約40%が26隻の米艦船に沈められ、168隻の艦船が損傷した。

知覧基地の飛行士たちは知覧の富屋旅館で最後の夜を過ごすことが多く、オーナーの鳥浜童夢さんは多くの飛行士にとって信頼できる腹心となった。 軍の検閲を受けずに家族に最後の言葉を伝えるよう彼に託した人もいた。

彼の家族は、これらの手紙やその他の工芸品の一部を、平和博物館から少し離れた芝蘭の町にある別の小さな博物館に保存しており、サムライについてのより深い洞察を得るために立ち寄る価値のある場所です。

その前に、鳥浜さんの曾孫である鳥浜健太さんが現在、博物館本館の近くで営業しているレストランに立ち寄ってください。 彼は曾祖母や特攻隊について聴衆と楽しそうに話します。

特攻隊員と彼の祖母の話を忘れないことが重要だと彼は聴衆に語った。

ブラッド・レントン/CNN

知覧特攻平和会館近くのレストランの前で、特攻隊員の腹心鳥浜ドム氏のひ孫である鳥浜健太氏。

しかし、同氏はより多くの外国人に来てほしいと考えており、日本国外から来た外国人はわずか5%で、他のアジア諸国から来た人はさらに少ないと指摘した。

「日本人は特攻隊を守護者とみなし、部外者は特攻隊を敵とみている」と彼は言う。

しかし、特攻隊の最後の手紙は教訓に満ちており、特に戦争の愚かさと悲劇を示していると彼は言う。

「私たち全員がそこから学ぶことができれば、今日の世界はもっと平和な場所になるでしょう」と彼は言います。

鹿屋博物館と芝蘭博物館は、九州島の南端、鹿児島の近くにあります。

そこには第二次世界大戦中に神風特攻隊が飛んだ飛行場があったため、飛行機はできるだけ少ない燃料で迅速に沖縄まで飛行することができました。 神風攻撃は台湾とフィリピンの日本軍基地からも発生した。

しかし、鹿児島が日本の武士階級の最後の砦と考えられているのも当然だ。

帝国政府に対する武士たちの西南戦争は、1877 年 9 月に伝説の武士、西光隆盛が鹿児島の城山で死去することで最高潮に達しました。

高みを保ったにもかかわらず、約400人の西湖軍は、ほぼ1,000倍の規模の帝国軍に敗れた。

歴史愛好家にとって、武士の最後の砦を訪れることも、この地域で数時間を過ごす価値のある方法です。

ワールドディスカバリー/Alamy ストックフォト

鹿児島県の芝蘭平和祈念資料館の外で日本の軍用機が見られる。

芝蘭博物館と鹿屋博物館は、九州南部の 2 つの別々の半島にあります。 どちらへのアクセスも車が最適で、2 つの半島の西側にある鹿児島市で簡単にレンタカーを借りることができます。

鹿児島には小さな商業空港がありますが、福岡の大きな国際空港からは新幹線で簡単に 90 分で行くことができます。

READ  最新情報 1 - 日銀決定後の日本の 10 年債利回り