5月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の葬儀とは何ですか? 訪問者は 7 ドルを払って棺に横たわります。この体験は、人生を考え直し、死に直面することを促します。

日本の葬儀とは何ですか? 訪問者は 7 ドルを払って棺に横たわります。この体験は、人生を考え直し、死に直面することを促します。

アジア全体で死や同様の出来事に対する日本での関心が高まったきっかけは何だったのでしょうか? ポストが見つかりました。

死後の世界を探索する

NGO、ニューメディア企業、葬儀専門家など東京を拠点とする組織のコンソーシアムが主催し、訃報は首都の繁華街・渋谷で執り行われた。

日本語では、数字の 4 は「死」という言葉と同性愛嫌悪的な結びつきがあるため、否定的な意味合いを持ちます。

東京フェスティバルの来場者は、「生」に戻される前に、棺に横たわって死を「体験」することができる。 写真:微博

しかし、4月14日はフェスティバルの主催者によって「死の日」と指定されました。

期間中、訪問者は 1,100 円 (7 米ドル) を支払って、3 分間棺に横たわることができます。

時間が来ると職員が棺の蓋を開け、「おかえりなさい」と声をかけた。

6 日間にわたるこのフェスティバルでは、訪問者は仮想現実技術を使って死後の世界を探索したり、日本の埋葬の伝統に関する講義に参加したり、死をイメージした食べ物を試したりする機会が得られました。

死に直面する

このフェスティバルの目的は、社会的態度を変え、人々が死に直面し、生と関わるよう奨励することです。

このイベントのパンフレットには、「死というテーマの核心は、愛、感謝、つながりといった人生の側面に光を当てている」と書かれている。

日本は死亡率が高く、出生率が非常に低く、人口が高齢化しています。

このフェスティバルの創設者らは、死を経験することで人々が今をどう生きるかを再考するのが目的だと述べた。

「人生の最後の瞬間から人生について考え始めると、全く新しい世界を経験することになるでしょう」と創設者の一人である市川希美氏は語った。

アジアの死亡率

中国中部の上海と北東部の都市瀋陽には、葬儀や火葬などの「死の体験」を提供するセンターがある。

中国南部の広東省からの参加者は、Weibo で自身の経験を共有しました。

同様の祭りはアジア各地で開催されており、中には先祖の霊を鎮める祭りもあります。 写真:微博

「私は修士課程入学試験に落ちてしまい、打ちのめされました。 しかし、棺の中に横たわってから、それはそれほど大したことではないことに気づきました」と彼は語った。

2012年以来、韓国の首都ソウルでは数万人が密閉された棺に約10分間横たわる「生前葬」に参加している。

日本のお盆祭りは通常8月中旬の3日間続き、死者の霊を迎える民俗伝統である盆踊り、灯篭流し、墓参を通して先祖を祀る。

幽霊祭りとしても知られる中原節は、先祖の霊を鎮めることを目的とした中国、シンガポール、マレーシアの伝統的な祝日です。

人々は霊を確実に家に帰すために食べ物を捧げたり、水ランプを浮かべたりします。

READ  中国はまだワシントンの石油放出を約束しておらず、OPEC +は動いていない