10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の裁判所では、5人が北朝鮮の苦しみのためにお金を要求している

北朝鮮で「地球上の楽園」を約束したが人権侵害を経験したと主張した5人が木曜日に日本の裁判所で誘拐され、現在、その指導者である金正恩は補償を要求している。

裁判は、金氏が召喚されて発言したことを東京地方裁判所が認めた後、8月に開始される予定である。 彼らは、裁判所から命令された場合、キムが出頭したり補償したりすることを期待していなかった。 しかし福田氏は、日本政府が将来北朝鮮と交渉するための先例を作ることを望んでいる。

日本が朝鮮半島に植民地化した際、何万人もの韓国人が鉱山や工場で働くために来日しました。これは、日本と韓国の関係を悪化させてきた過去です。

1959年、北朝鮮は朝鮮戦争で殺害された駐在員と労働者を本国に送還するための大規模な第三国定住プログラムを開始した。 このプロジェクトは、韓国からの人々を求めて1984年まで続きました。

北朝鮮は無料の医療、教育、仕事、その他の給付を約束したが、何も見つからず、帰還者は鉱山、森林、農場で手作業で仕事を提供されることが多く、原告の一人である川崎自吾(79)は日本で育った。彼は先月言った。

原告と弁護士のグループは、2021年10月14日木曜日に東京で会合し、その後東京地方裁判所に出廷します。 東京地方裁判所は、北朝鮮で約束された「地球上の楽園」と呼ばれる第三国定住プログラムに参加した後、北部で人権侵害の補償を求めている日本の韓国人5人の事件を審理している。 バナーには、「北朝鮮の「地球上の天国」キャンペーンは虐殺だ」と書かれている。 (AB写真/ユージン星子)

「北朝鮮では、43年間、私はショック、悲しみ、そして恐怖の中で生きました」と川崎は裁判の後で記者団に語った。 川崎は京都で生まれ育ち、1960年に北上した17歳、2003年に大人の子供たちを障害者として残しました。

「私が生きて日本に戻るのは奇跡だと思う」と川崎氏は述べ、裁判所が彼女の裁判について聞いてうれしかったと付け加えた。

「しかし、これは目標ではない。これは北朝鮮との闘いの始まりだ」と川崎氏は語った。

原告は北朝鮮にそれぞれ1億円(90万ドル)の補償を求めている。

福田氏は木曜日の公聴会で、北朝鮮が5人の原告全員を不法かつ体系的に欺くことでどのように引き付けているかを示し、日本政府に外交的に問題を解決するよう求める前に法的根拠を確立することが目標であると述べた。

判決は3月に予定されています。

日本政府は韓国人を部外者と見なし、再定住プログラムを歓迎し、参加者が北朝鮮に旅行するよう手配した。 日本では、約93,000人の韓国人とその家族が北朝鮮に逃亡した。

今日、約50万人の韓国人が日本に住んでおり、学校、仕事、日常生活で差別に直面しています。

訴訟は2018年に日本に帰国した5人の参加者によって提起されました-4人の韓国人と日本人女性が彼女の韓国人の夫と彼らの娘と一緒にショーに参加しました。

原告は現在、北部で立ち往生している家族を懸念している。 川崎氏は、2019年11月以降、流行のために彼らとの連絡が途絶えたようだと述べています。 彼女は彼らにお金を送ることができず、彼女が送ったすべてのメンテナンスパッケージが戻ってきました。

「彼らが生きているかどうかさえわかりません」と彼は言いました。

READ  日本が緊急事態を終えるにつれ、乗客でいっぱいの列車