6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の視覚障害者向けのガジェット、おもちゃ

日本の視覚障害者向けのガジェット、おもちゃ

多くの人が簡単に操作できるインクルーシブなデザインを採用する企業が増えるにつれ、視覚障害者向けの最先端テクノロジーを備えたガジェットや玩具が日本でも注目を集めています。

ソニー株式会社は昨年、レーザー技術を使用してデバイスで捉えた被写体をユーザーの網膜に投影するデジタルカメラを導入し、視覚障害者がファインダーを通して物を見たり写真を撮ったりできるようにしました。

このカメラ「DSC-HX99 RNV キット」は、神奈川県川崎市のレーザー装置メーカー、QD レーザー株式会社と共同開発したもので、目の焦点調節能力にあまり依存しない方式を採用しています。

東京に本拠を置く電子機器会社によると、両社は写真を撮ることで自己表現する喜びを体験できるよう、日本中の盲学校や盲人施設にこうしたカメラ約200台を寄贈したという。

2024年4月24日、東京都八王子市で、視覚障害者向けに設計されたカメラを手に持つ東京都立八王子盲学校の生徒。 (京都)

東京西部にある東京都立八王子盲学校の生徒たちは、カメラを使うことに興奮していた。

学生の一人は先月製品をテストした後、「物がはっきり見えた。写真も撮れた」と語った。

同校の田島由紀子校長は「新しい技術は生徒たちの体験をより良くするのに役立つ。カメラをより良く活用する方法を考えていきたい」と語った。

日本のおもちゃメーカー、トーミ社。 同社は4月に、視覚障害のあるプレイヤーが「左に曲がれ」や「(競技車が)中央にある」などの複数の音声コマンドを使って車を操縦できるドライビングゲームを開始した。

このデバイスを使用すると、ユーザーは泥棒を追いかけたり、サーキットで他の車と競争したりするなど、さまざまなシナリオに参加することができます。 各ゲームのルールを説明する音声ガイドも提供すると同社は述べた。

2020年、シチズン時計は、手を触れて時刻を読み取ることができる腕時計を発売し、音で時刻を知らせる時計は周囲に迷惑がかかるのではないかと心配するユーザーを支援しました。

この製品はタイの盲学校と協力して開発されたもので、時計メーカーは新しい製品を設計する際に彼らのフィードバックを考慮する予定です。


関連報道:

特集:日本の視覚障害者向けAIトラベルバッグが世界の注目を集める

日本は東南アジアの発達障害の真実を明らかにする

AI、仮想現実が毎年恒例の日本のエレクトロニクス ショーで主役に


READ  日本のフィギュアスケート選手が北京でオリンピックテストに勝つ