6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の観光ブームで一部の住民はイライラしている

日本の観光ブームで一部の住民はイライラしている

最近2回、外国人観光客が散髪を求めて、バタンと半分以上開いた正面玄関から入ってきた。

一人はイタリア人、もう一人はイギリス人です。 75歳のMr. 彼らの言葉が全く話せない松本さんは、彼らに何を言えばいいのか分からない。 彼はハサミを取り出し、数十年の経験が困難な状況を乗り越えてくれると信じて切り始めた。

2022年にコロナウイルス関連の入国制限が緩和されて以来、日本での収入がさらに増える円安を追い風に、観光客がこの国に殺到している。 さらに観光。 3月には海外からの到着者数が300万人を超え、月間記録を更新し、2019年3月と比較して10%以上増加しました。

海外からの訪問者のほぼ3分の2は韓国、台湾、中国からです。 昨年、外国人観光客の支出は日本のGDPの約9%を占めた。

日本の古都である京都のような都市の人気の観光スポットは、ますます管理できなくなってきています。 富士山の近くの小さな町や京都のビジネス街。 松本理髪店など、これまで観光客が来なかった場所に観光客が押し寄せている。

「以前は、場所によっては観光客の姿を見かけるのが普通だった」と同氏は語った。 松本さんは最近の土曜日、理髪店の低い椅子からこう語った。 「しかし今では、それらはランダムで予期せぬ場所に広がっています。」

この訪問は、一般に礼儀正しい社会の忍耐力を試すものであった。

京都や他の多くの観光客が訪れる都市では、ホテルの部屋の外の料金や、バスやレストランの外の混雑について不満を漏らす住民もいる。 地元の習慣を軽視しているという意見もあり、芸妓を追いかけて写真を撮ったり、食べ歩きをしたりすることは日本では失礼だと考えられている。

先月のある日、伴宏さんは京都の平安神宮を訪れるのに、通常の2倍の6時間かかった。 65歳のMr. パン氏は、観光客がバスを止めて運賃を請求するためのコインを数えていたことが遅れの原因だと考えた。

「ここでは毎日がお祭りのようです」と氏は語った。 パンさんは言いました。 「私たちは平和に日常生活を楽しむことができません。」

観光収入から直接恩恵を受けている人たちでさえ、それが持続不可能になるのではないかと懸念している。

京都のタクシー運転手、小林久さんは、業績が非常に良いため、1日休むのは簡単なマネーロンダリングのように思えると語った。 しかし、多くの観光関連産業はパンデミック時代の人手不足から回復する中、需要に対応するのに苦労していると同氏は述べた。

「日本人がここに来ると、観光客がたくさんいるので海外にいるような気分になります」と氏は言う。 小林さんのタクシーは有名な寺院の近くの障害物に差し掛かりました。 「もう京都じゃないよ。」

地方の一部の地域では初めて緊張を感じています。 一つは、京都から道路で東に約320マイル離れた静岡県の富士市です。

富士山を正面に望む橋が昨年末にソーシャルメディアでトレンドになり始めたことを受け、静岡県観光局は インスタグラムで言った 「美しく夢のような映像」にぴったりの場所でした。 訪問者には、橋が駐車スペースや公衆トイレ、ゴミ箱のない住宅地にあることは知らされていなかった。

住民らはインタビューで、多くの見物人が橋の真ん中から写真を撮るためにゴミをポイ捨てしたり、道路に駐車したり、時には交通を妨害したりしていたと語った。

橋の近くに住む加藤光夫さん(86)によると、先月の祝日には4日間毎日約300人の観光客が訪れ、丸まって写真を撮ろうと通りに並んだという。

「彼らはここに駐車しているよ」と氏は言った。 カトーは家の外で言った。 「だから標識を設置する必要があったのです。」

日本中の当局は観光ブームにさまざまな程度の効果をあげて対応している。

地元観光局の佐野元宏氏によると、富士市では当局が臨時駐車場6台を設置し、15台収容可能でトイレも備えた大型駐車場の建設に着手したという。

隣の山梨県では、富士河口湖市当局が先月、観光客によるコンビニエンスストア「ローソン」の写真撮影を防止するため、看板ほどの大きさのスクリーンを設置した。 その青い日よけは山の下にあり、ソーシャルメディアの投稿の定番になりました。 地元ニュースメディアによると、画面には携帯電話のカメラのレンズが入るほど大きな穴が開いている 報告

東京の中でも多くの人が訪れるエリアである渋谷で当局が発表した。 夜間の屋外での飲酒を禁止する予定 若者や観光客の悪質な行為を抑制する目的で。

京都市では今月、政府が観光客向けの臨時バスの運行を開始し、駅の看板では観光客に「マナーに気をつけて」と呼びかけている。

市内の錦市場で、軽食を食べる観光客や衣服に油汚れがついたと訴える住民の群衆をかき分けた後、山岡佳乃さんは、自身が経営する鰻店の外に掲げられた2枚の看板を身ぶりで示した。

二人とも英語で「歩きながら食べないで」と言った。 そのうちの 1 つは大きなフォントで、テキストには赤い下線が引かれていました。

「人々が従わなかったので、真剣な口調で書きました」と山岡さん(63)は大胆な看板について語った。 しかし、彼女は自分の新しいアプローチが厳しすぎるのではないかと疑問に思いました。

「ビジネスは観光客に依存している」と彼は言う。

最近の週末、混雑を避けるため、日の出とともに京都の人気スポットを訪れたり、午後11時に人気のラーメン店で食事をするために40分待ったりした観光客もいた。

人気の清水寺を出たオランダからの観光客、ポール・オーストウィーンさん(70)は「大変なことだ」と語った。

誰もいない理髪店から、Mr. 松本さんは、外国人の顧客2人の髪を切ることに成功し、ドアをつまずく他の人を追い返さないと語った。

しかし、理解できない顧客に質の高いサービスを提供することを心配しており、日本語を話せない顧客は他の店を好むと彼は言う。

観光業は国にとって良いことだが、同氏は無線ドローンで「私の心の一部は完全には満足していない」と語った。

READ  九州限定ブラックモンブランが“特別”に全国へ