7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の設備投資の伸び 中国の減速懸念、消費の低迷 |  WKZO | すべてのカラマズー

日本の設備投資の伸び 中国の減速懸念、消費の低迷 | WKZO | すべてのカラマズー

梶本哲史著

[東京 20日 ロイター] – 日本企業は4─6月に設備投資を増やしたが、年間増加ペースは5四半期ぶりの低水準に減速したと財務省(財務省)は金曜日、中国経済の低迷による世界経済の減速懸念を反映して発表した。成長。 。

米国と欧州の急激な金利上昇とインフレ上昇が需要を阻害する中、世界第3位の経済大国である輸出依存型の日本の見通しに世界的な景気減速の懸念が影を落としている。 日本の最大の貿易相手国である中国も、深刻化する資産危機に直面している。

財務省のデータによると、第2・四半期の設備投資は前年比4.5%増と、2022年初め以来の低い伸びとなったが、季節調整済み四半期ベースでは1.2%減となった。

9月設備投資データは、8日に発表されるGDP改定値の計算に使用される。

暫定的な推計によると、日本経済は世界的な需要に牽引され、第2・四半期に年率6.0%で拡大した。

しかしアナリストらは、内需が抑制された輸入低迷が一因で、景気拡大は社説が示唆したよりもやや緩やかに見えると述べた。

しかし、先月のGDP速報値によると、マイクロチップ不足が一段落した後、自動車輸出が回復し、インバウンド観光客も再開し、個人消費と設備投資の低迷を相殺した。

同四半期、第2・四半期GDPに占める設備投資の割合は停滞したが、輸出は3.2%増加した。 経済の半分以上を占める個人消費は0.5%減少し、輸入は4.3%減少した。

財務省が金曜日に発表した設備投資データによると、4~6月期の企業収益は前期比5.8%増、経常利益は同11.6%増となった。

(報告:梶本哲史、編集:キム・コグヒル、トム・ホーク)

READ  インドのモディ氏と日本の岸田氏、インフラ整備と文化推進で強い絆を誓う - 初投稿