8月 13, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の警察は、スポンサーからお金を受け取った疑いのあるオリンピックチームメンバーの家を襲撃しました

東京:水曜日(7月27日)に日本の警察は、2020年の東京オリンピックチームのメンバーがコンサルティング契約に署名したスポンサーから支払いを受け取ったという申し立てに対して新たな襲撃を開始したと地元メディアが報じた。

高橋治之さん(78)は、昨年のパンデミックが遅れたメガイベントの「公式パートナー」であるハイストリートビジネススーツの小売業者、青木ホールディングスから30万ドル以上を受け取った疑いがある。

高橋氏は、その地位に関連する金銭や贈答品の受け取りを許可されていない準公務員と見なされていたため、賄賂と言われていました。

報道によると、高橋の東京の家は火曜日の朝に捜査官によって襲撃された。

青木前会長の青木博典さん(83)と東京都の解散した東京2020組織委員会の事務所が水曜日に襲撃された、と地元メディアが報じた。

東京オリンピック組織委員会は先月、運営を停止したが、資産と負債の取り扱いについては、依然として時代を先取りしている。

東京検察庁はAFPに対し、個々の事件についてコメントすることはできないと語った。

小池百合子東京都知事は記者団に対し、状況は「非常に遺憾であり」、「進展を注意深く監視する」と述べた。

彼は組織委員会にこの調査に全面的に協力するように言ったと言った。

地元メディアによると、高橋が運営するスポーツコンサルタントは、2017年に調印された契約の支払いを青木から受け取った疑いがある。

2018年10月、青木は東京オリンピックのスポンサーとなり、イベントのロゴを使用し、正式にライセンスされた製品を販売できるようになりました。

高橋氏は先週、読売新聞に、彼の会社が受け取ったお金はコンサルティング業務のためだったと語った。

「組織委員会のメンバーとしての私の立場に矛盾はない」と彼は言ったと伝えられた。

青木氏は先週、支払い報告についてコメントがなかったとの声明を発表した。

日本最大の広告会社である電通の元幹部である高橋は、2014年6月から東京2020の役員を務めています。

東京2020の橋本聖子元大統領は火曜日に記者団に、注文があれば問い合わせに「全面的に協力する」と語った。

「このようなことが事後に明らかになるのは非常に残念だ」と彼は言った。

「私たちは、パンデミックでさえ達成されたことを傷つけないような方法で行動しなければなりません。」

ゲームの周りで不適切とされる質問が提起されたのはこれが初めてではありません。

フランスの検察官は、2016年の大会への東京の入札に関連した汚職の申し立ての調査を開始しました。

元日本のオリンピック委員会の委員長である武田恒香は、イベントが東京に授与される前に行われた支払いへの彼の関与をフランス当局が調査したため、2019年に辞任した。

東京オリンピックは、コロナウイルスのパンデミックによる前例のない1年の遅れの後、昨年7月23日に開幕しました。

日本でのウイルスの発生が拡大したためにファンが禁止された後、ゲームはほとんど空のスタジアムで行われました。

READ  トヨタは、日本の地震によって生産が減少する主要なチップサプライヤーです。