6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の資金難の都市は核廃棄物が街を「墓場」に変えてしまうのではないかと懸念している

日本の資金難の都市は核廃棄物が街を「墓場」に変えてしまうのではないかと懸念している

「私たちは常に不確実性、いつ逃げなければならないか、施設で問題が発生したことを知らされるかどうか、自宅に戻れるかどうかわからないという脅威の中で生きていかなければなりません。」

玄海町の脇山晋太郎市長は金曜日、高レベルの放射線を数千年にわたって放出する数百トンの核廃棄物を貯蔵するための地下室を建設する実現可能性調査を承認した。

2011年の福島原発事故後、住民は2018年に玄海原子力発電所4号機の運転再開に反対して抗議活動を行った。 写真:京都
2011年3月、マジス市議会議員は、マグニチュード9の地震によって引き起こされた津波をテレビ映像が映し出すのを恐怖の思いで見ていた。 福島第一原子力発電所 東北地方にある。 その後数日、数週間にわたり、彼女は広がりつつある危機を追った。 今、彼女は自分のコミュニティでも同じことが起こるのではないかと懸念している。

「私は福島からの避難者たちに自宅近くの状況について話しました。そして彼らはメディアが決して報じなかった事柄を私に教えてくれました」と彼は語った。 「私はすぐに、原発の使用をできるだけ早くやめなければならないという結論に達しました。」

玄海町の南にある鳥栖市のレストランで夫とともに働いていたマキスさんも、1975年に開業した九州電力が運営する鳥栖市の原子力発電所の建設予定地に反対している。

人口約4,900人が住む玄海町は、地元人口の減少と高齢化、それに伴う事業や税収の減少に苦しんでおり、電力会社からの給付金に頼っている。

牧瀬氏は「玄海原発が稼働し続ける限り、市の年間予算100億円のうち60億円(3,880万米ドル)がもたらされることになる」と述べた。

日本の他の都市が日本のエネルギープラントからの廃棄物を保管するという政府の要請を拒否する中、玄海町にはさらに多くの資金が提供され、初期探査を可能にするために2年間で20億円の補助金が与えられることになっている。 文献レビューとも呼ばれます。

玄海町の脇山晋太郎市長は、玄海市の地下核廃棄物処分場への適合性を評価するための予備調査を承認した後、金曜日の記者会見で語った。 写真:京都

この地域の地質学的活動と地震活動を調査するその後の研究には、多額の助成金が提供される予定です。 もしこの都市が核廃棄物の処分に適した場所として選ばれれば、近隣都市よりもはるかに繁栄することになるだろう。

しかし、金銭的なインセンティブだけでは国民の心を動かすのに十分ではないようだ。 4月28日から5月1日まで実施された電話世論調査では、回答者114人中83人が玄海の核廃棄物処分場に反対した。 賛成は3人のみで、残りは「未定」と回答した。

マジス氏によると、この計画に反対する人の中には、この施設が都市を「墓場」に変えるだろうとの意見もあったという。

東京に本拠を置く反原発団体「市民原子力情報センター」は、市長に対し、4人中1万570人が署名した調査の拒否を求めるオンライン請願を指摘し、処分場誘致を市に圧力をかけている政府を非難した。 数日で。

ジェンカイ市の家々や田んぼの背後にあるジェンカイ原子力発電所の眺め。 写真:京都

反原発団体の脇山氏は決定を発表する前に、この研究のマイナスの影響は、すでにプロジェクトへの反対を表明している近隣地域に感じられるだろうと述べた。

同団体は、核廃棄物の地層処分を批判するアナリストの意見に耳を傾けなかったなど、市議会が「不十分な議論と不十分な意思決定」を行っていると批判した。

これまでの地質調査で石炭の鉱床が確認されており、しばしばメタンガスの存在を示していたとして、政府は「保全に対する重大な無視」を非難した。

京都に本拠を置くグリーン・アクション・ジャパンの環境活動家、アイリーン・ミョウコウ・スミス氏は、日本で原子力発電が最初に提案されたときに政府が地元社会と交わした約束を破っていると語った。

使用済み核燃料は管轄外に搬出されることが保証された

アイリーン・ミオコ・スミス、環境活動家

「原子力発電が始まったとき、地方自治体は原子力発電を検討していました。 [nuclear] 植物には約束がある [the plants] 発電のみに使用されます」と彼は言いました。

「使用済み核燃料は管轄外に搬出されることが保証された。」

しかし、これらの地域社会の多くは現在「ひれ伏し、核経済に大きく依存している」ため、政府は地方自治体の前で「金を見せつける」ことに転じたとスミス氏は述べた。

同氏は、原子力産業からの資金は、苦境にある地域社会にとっての「麻薬」であると述べた。 原発を抱える都市は政府の補助金に依存している。

「このプログラムはZenkaiに文献レビュー以上のことをさせるわけではないが、最初のプログラムの費用が支払われれば、次のプログラムが『必要』になるまでそう長くはかからないだろう」と彼は語った。

GenCoin市議会は先月、6対3の投票で予備調査を承認した。

アジア評議会と核問題を担当する市の防災・安全部門に今週コメントを求めたが、公表までに返答は得られなかった。

READ  トレーダーがFRBとロシアとウクライナの会談を見たため、ドルは下落した