4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の雪に覆われた木の忘れられない写真

写真家のジェームス・ウィットロー・デラノは長年日本に住んでいます。 彼の作品は主に気候問題を中心に展開しています。 彼の作品は世界中を旅してきましたが、ここにある画像は彼の故郷からのものです。

デラノは日本の蔵王山を訪れ、そこで日本人が「雪の木」を意味する「樹氷」と呼ぶものの幽霊のような目撃談を記録した。

1 月中旬から 3 月上旬にかけて、西または北西の氷のような嵐や 6 ~ 9 フィートの積雪などの気象条件が、独特の見た目の木々を生み出します。 デラノ氏によると、気温は華氏5度から14度まで下がるという。

「冬のほとんどの間、台風による氷雲が蔵王の火山の頂上を取り囲み、メリーモミ(Abies mariesii)の林分を樹氷の巣で覆い、その樹氷はますます厚くなります。…日本の平均気温が1.3度以上上昇しているため、過去1世紀にわたってC(2.34°F)であったが、状況は収束しており、「樹氷」が発達するまでの時間枠は狭まりつつある。

登山気温の上昇により、趙山の頂上の木々もカブトムシの蔓延に直面しており、木々が枯れています。

しかし、すべての希望が失われたわけではありません。 デラノさんはこう言います。

「それでも、この空島には希望がある。 林野庁の専門家らは秋に苗木を採取し、春に発芽させて趙山上部の斜面に移植する活性化プロジェクトを開始した。 苗木は鹿やげっ歯類から守るために竹の葉で覆われています。

もう一つのイベントは北海道のオホーツク海岸で開催されます。 日本語では、この現象は「流氷」と呼ばれます。

「アムール川や他のシベリアの川からの淡水がオホーツク海と混ざり、地表水と混ざり、塩分濃度が低くなり、高温で水が凍ります。この風によって動かされた氷塊が寒さによって南に押し流され、北西からシベリア風が吹き、浮遊氷塊は北海道の北海岸に到達するまで南にかすめます。」

「樹氷」と同様、気温の上昇によりこの自然現象の存在が脅かされています。 デラノ氏によると、「オホーツク海の水温は産業革命以前の水準より3度上昇しており、世界最大級の気温上昇となっている。 つまり、氷が減少し、海洋環境の栄養分が減少することを意味します。 」

サケの漁獲量も減少している。

デラノは 2 つの出来事について次のような考えを残しています。

「『樹氷』と『流氷』は世界の炭鉱に生息する2匹のカナリアで、深刻化する気候危機を警告しています。

鑑賞者にとって、寒さ、風、水といった世俗的な現象の前に立つと、精神は驚異の場所に連れて行かれ、それ自体よりもはるかに偉大なものが見えます。 脆弱なバランスは失われることを意味し、それが私たちの種の隆盛と繁栄を促進しました。」

READ  ロジカル思考を鍛えるロジックツリーの活用法とは?