6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の雪崩死亡事件で教師に投獄

日本の雪崩死亡事件で教師に投獄

2017年の登山旅行で雪崩で生徒7人が死亡した事故で、日本語教師3人にそれぞれ懲役2年の実刑判決が下された。

栃木県中部の裁判所の報道官はAFPに対し、元教師と現教師3人が業務上過失致死罪で有罪判決を受けたと語った。

の…

2017年の登山旅行で雪崩で生徒7人が死亡した事故で、日本語教師3人にそれぞれ懲役2年の実刑判決が下された。

栃木県中部の裁判所の報道官はAFPに対し、元教師と現教師3人が業務上過失致死罪で有罪判決を受けたと語った。

2017年3月、栃木県の相州山への3日間の旅行中に大雪によって引き起こされた雪崩により、高校生7人と教師1人が死亡した。

東京の北120キロの山で少なくとも40人が負傷した。

捜査全体を通じて争点となったのは、雪崩を予測できたかどうかだった。

広告 – 続行するには下にスクロールしてください


宇都宮地方裁判所は木曜日、被告らが「十分な事前警告」と適切な調査を怠ったとして過失があるとの判決を下したと放送局TBSが報じた。

支援者らは、この積雪量について教師らに警告すべきだったと主張しており、複数のメディアは、より適切な安全対策が講じられていれば生徒は救われた可能性があると報じた。

弁護側は教師らには雪崩を予測する方法がなかったと主張して無罪を主張した。

広告 – 続行するには下にスクロールしてください


2017年10月、この悲劇を調査するために任命された第三者委員会は、監督者の自己満足と「危機管理意識の欠如」を主張した。

tmo/kaf/pbt

READ  濃厚でクリーミーなカスタードプリンは好きですか? この日本のアイスクリームバーはあなたにぴったりです! – SoraNews24 -日本のニュース-