9月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の首相:政府の病気を防ぐために米軍の制裁協定が結ばれる

東京(AP)-岸田文雄首相は日曜日、コロナウイルスの急増に対する懸念が高まる中、米軍が基地を離れることを禁じる「基本合意」に達したと述べた。

岸田文雄氏は、緊急時やその他の安全上の理由から、「絶対に必要な場合を除いて」米兵が現場にいると述べた。 契約の詳細はまだ開発中である、と彼はフジテレビで言った。 日米防衛同盟全体は変わっていません。

最近、医療専門家が「第6波」と呼ぶ、新しい毎日のCOVID-19症例が増加しています。 土曜日の新規症例数は8,000を超え、4か月の記録となりました。 スパイクは、事件が増加サイトに近い地域で最も顕著であるため、米軍のせいにされました。 日本は先週、米国に軍隊を地上に留めるために協力するよう要請した。

米軍のスポークスマンはすぐにコメントを得ることができなかった。 しかし、トーマスr少佐。 パーカー氏は、日本のヘルスケアと運用準備における政府19の傾向は綿密に監視されていると述べた。

在日米軍55,000人の南西群島である沖縄は、日曜日に病気の蔓延を防ぐために新たな規制が開始された3つの州の1つでした。

これらの措置は月末まで続き、レストランは午後8時または午後9時前に閉店することを余儀なくされ、一部のレストランではアルコールの提供を停止する必要があります。

岩国基地のある山口県や広島近郊にも政府の支援を受けた規制が課せられている。 第二次世界大戦末期の米国の原爆投下を記録した広島平和記念資料館と広島砦は、どちらも訪問者の立ち入りが禁止されています。

ケースが増え続ける場合、他の地域でも同様の条件を注文する可能性があります。 人々は旅行を避けて家にいるように警告されています。 最近まで、バー、寺院、ショッピング地区は年末年始の買い物客や年末年始の旅行者で溢れていました。

日本は封鎖されたことはありませんが、学校の閉鎖やイベントのキャンセルなど、さまざまなレベルの制限が課せられます。

日本の人口の約80%がワクチンの2回目の接種を受けています。 ブースターは開始されておらず、政府による解放を促進するという繰り返しの約束にもかかわらず、ブースターを受け取っているのは1%未満です。 日本は厳格な国境管理を設定しており、帰国する住民と市民を除いて、ほとんどの入国を禁止しています。

これまでに日本で報告されたCOVID-19関連の死亡者数は18,300人です。 最近では、1人か2人の死者が出ており、ある日にはゼロになっています。

___

掛山ゆりはツイッターhttps://twitter.com/yurikageyama

READ  EMotoradは国際的なフットプリントを拡大します。 日本がネパールに二輪車を導入