10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の高齢者は2022年初頭にCOVID-19ブースターショットを受け取ります

河野太郎ワクチン相は火曜日、日本はウイルスの蔓延への対応を改善することを目指しているため、来年初めにコビット-19ワクチンの3回目の接種を開始すると発表した。

厚生労働省は先週、ウイルスを長期にわたって防御する抗体を示した研究を引用して、少なくとも8ヶ月間2回目の投与を受けた人々にブースターショットを与えることを決定しました。

河野氏は記者会見で、ワクチンが2月から日本で発売されたため、医療関係者は今年後半に追加接種を受ける予定であると語った。

ワクチンの放出は春に65歳に拡大し、糖尿病などの基本的な状態、そして一般の人々がそれに続きました。

河野氏は、地方自治体に対し、3番目の薬が定期的に高齢者に配布されるように準備するよう求めた。

米国のような多くの国が、社会的および経済的活動をエピデミック前のレベルに回復するためにブースターショットを利用できるようにする準備をしているので、世界保健機関は、発展途上国に人々がいる限り、ブースターショットを停止するよう求めています。 ワクチン接種。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  日本の都市の「ゴースト」コーヒーの背後にいるゴーストに会いましょう