5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の1月の失業率は上昇しており、就業可能率は21か月と低い。

  • 1月の失業率はf’castに対して2.8%2.7%
  • 1月の求人-応募者比率1.20対f’cast1.16

東京、3月4日(ロイター)-日本の失業率は金曜日に2.8%に上昇し、1月に21ヶ月の最高を記録した、と政府のデータが示した。

世界第3位の経済大国の企業が年次労働交渉を締結した一方で、登録されたコロナウイルスの数とウクライナ危機の負の圧力が回復の見通しを覆い隠していたため、さまざまなデータが得られました。 続きを読む

季節調整済みの失業率は、12月の2.7%と比較して、エコノミストによるロイターの世論調査の平均予測でもありました。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

1月の求職者比率は1.20で、前月の1.17より0.03ポイント高く、ロイターは1.16を投票した。

最大値は2020年4月の1.31マーク以降でした。

保健省の関係者によると、国内のCOVID-19感染が月の後半に増加する前に多くの企業が投稿データを提出したため、製造業と対面サービス部門が主導する雇用の伸びは求職者よりも高い。 続きを読む

「オミクロンの変種(噴火)の影響は、求職者と求職者の両方の2月のデータに反映されます」と当局者は述べました。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ControGomiaのレポート; サムホームズによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本はオリンピック期間中の前例のないCOVID-19蜂起の中で統制を拡大します。