9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の2つの高級ブランドアパートが競売にかけられる


東京のヒル地区とリゾート都市のアトムにある2つの豪華な日本のアパートは、コンシェルジュオークションを通じて来月発売され、国内で初めてのオークションハウスへの旅行となります。

AMOMAブランドのアパートメントは、香港と東京を拠点とするFuinHoldingsによって開発されました。 そのうちの1つであるTheAmoma Adomi Estateは、これまで市場に出回ったことがなく、3月25日から30日までオンラインでオークションにかけられ、1500万ドルから3000万ドルの予測があります。 もう1つのAMOMA広尾レジデンス3は1900万ドルで上場されています。 同じオークションで1300万ドルから2000万ドルの資金を調達することが見込まれています。

熱海の古くて火山性の山脈に位置するAMOMA熱海エステートは、天然温泉と温泉で有名で、香港を拠点とするインテリアデザイナーのアンドレフーによって再設計されたインテリアを備えた5,261平方フィートの居住空間を備えています。 コンシェルジュによると、庭園にはスイミングプール、伝統的な茶室、日本庭園があります。

ペンタから: レアコープブライアントカードは200万ドルで販売されています

一方、東京の物件は、3つのベッドルームと2つのバスルームを備えた合計4,021平方フィートです。 東京を拠点とするワンダーウォールは、フランスのホットクチュールイ​​ンテリア家具のデザインハウスであるリアグラと提携しています。

コンシェルジュオークションによると、AMOMAの両方のプロパティは、毎日のディスプレイとプライベート仮想ディスプレイの予約制で利用できます。

これは、これまでに30か国以上で事業を展開しているテキサスを拠点とする高級不動産オークション会社にとって、日本で初めてのオークションです。

「これらの住宅には人が住んでいません。どちらの住宅も開発者から直接市場に出回っています。これらの住宅に最初の市場体験を提供することは、エキサイティングなグローバルイニシアチブであり、コンシェルジュオークションの責任者であるチャドロファーズは声明で述べています。


READ  日本の好転は依然として投資家によって過小評価されています