6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の5月の工場活動は1年ぶりに拡大、PMIが示した

日本の5月の工場活動は1年ぶりに拡大、PMIが示した

[東京(ロイター)] – 日本の工場活動が5月に初めて拡大したことが月曜の民間部門調査で示されたが、全体的な成長は緩やかで需要は依然弱く、円安により一部の国では輸入品の価格が上昇した。 プロデューサー。

auじぶん銀行の日本の製造業購買担当者景気指数(PMI)の最終値は先月50.4と、4月の49.6から上昇し、成長と活動の縮小を分ける2023年5月の基準となる50.0を上回った。

この指数は、フラッシュ BMI で報告されている 50.5 からほとんど変化がありません。

主要な生産と新規受注のサブチャートは縮小傾向にあったが、どちらもほぼ変わらない水準に改善し、ここ1年で最も遅いペースで下落しており、状況が上向き始めていることを示唆している。

メーカー各社はマーケティング活動や新製品発売が成功するという期待を反映し、見通しに楽観的な見方を示した。 自動車や半導体分野の回復にも期待した。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのポリアナ・デリマ氏は、この結果は「新規受注と生産量は概ね安定しており、企業は今後1年について楽観的であり、製造業全体に心強い傾向を示している」と述べた。

デリマ氏は、工場の雇用拡大のペースが鈍化したのは、退職と適切な後任を見つけるのが困難だったためだと考えている。

「一次産品生産者が直面しているもう一つの課題は、円安が輸入品のコストに圧力を加えているため、価格圧力が激化していることだ。」

投入価格圧力はここ1年で最悪となっており、企業は円安の影響で人件費、原材料費、輸送費が4月以降上昇したと述べた。

先月のインフレの緊張を受け、メーカー各社は1年ぶりのペースで販売価格を引き上げた。 2020年12月より生産価格が拡大しました。

マイナス金利を3月に主要な終了点として終了した後、再び利上げを検討している日本銀行にとって、円安と輸入価格と国内消費への影響は政策上の頭の痛い問題となっている。

ロイターの別の月例調査では、5月の日本の景況感は堅調に推移したが、製造業やサービス業企業は、円安によるインフレ圧力が利益率を圧迫していると不満を漏らした。

デリマ氏は、賃金コストの上昇と企業の販売価格の上昇の組み合わせは「内外需要の低迷を考慮すると、望ましくない結果」だと述べた。

(取材:金子ガウリ、編集:シュリ・ナヴァラトナム)

READ  成長リスクの混合株; 日本がラリーを拡大:マーケットラップ