9月 17, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の7月の鉄鋼生産は、需要の回復を反映して32.5%増加しました。



2014年5月29日、労働者がクレーンを操作してスチールコイルを東京の工場に移動します。ロイター/篠雄也/ファイル

東京(ロイター)-日本の粗鋼生産量は、コロナによる不振から産業需要が回復したため、5ヶ月連続で前年比32.5%増加した、と日本鉄鋼連盟は月曜日に語った。

季節外の調整後の生産量は、世界第3位の鉄鋼生産者である801万トンに増加しましたが、6月以降1.3%減少しました。

経済産業省(METI)の予測に沿って、7月に大幅な上昇が見られました。同国の粗鋼生産は7月から9月の四半期に30.1%増加すると予測されています。

日本の鉄鋼メーカーは、堅調な世界的な需要が価格を上昇させ、鉱石と原料炭の増加が在庫評価の上昇を後押しするため、V字型の年間利益回復に向けて順調に進んでいます。

(大林組レポート;エドマンドプレイヤー編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
東京
アジア
東アジア

READ  日本で黒人の時の生き方を描いた映画です