2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の800万戸の空き家が夢の家にリノベーションされる理由

日本の800万戸の空き家が夢の家にリノベーションされる理由

佐賀県大川内山村に秋屋があります。
渡辺誠

  • 日本の田舎にある850万以上の空き家が「ゴーストタウン」問題を引き起こしている。
  • 都市部への進出と人口減少が、これらの家が空き家のままになっている2つの理由です。
  • 地元の人々はそれらを負担と見なしていますが、外国人はそれらを安価に不動産を所有できる機会と考えています。

日本には何百万もの田舎の空き家が売りに出されています。

23,000ドルで購入できた外国人は寛大さに大喜び。 しかし、黒字の根底には日本文化の意味ある変化がある。 人口動態と経済パターン、つまり人口の減少と地方から都市への移住が融合して、日本では「ゴーストタウン」問題が生じています。

がある 850万人以上のアギア最新の記録である2018年の日本の住宅・土地調査によると、日本の地方では空き家、つまり空き家が発生している。 一部のアカウントでは、さらに多くのものが存在します。 野村総合研究所、または NRI、Pex その数は1100万人に近い。 同社は、2033年までにAkiaが日本の住宅の30%を超えると予測している。

気分を変えたい駐在員にとって、Akiya は海外に家を所有できる手頃な機会です。 外国人の中には、起業して自分を豊かにするためにAkiyaに頼る人もいます。 短期レンタル事業

簡単な答えは、なぜ人々がそれらを買うのかということです。それは安いからです。 しかし、なぜこれほど多くの人がこれほど長い間何もせずに座っているのかはもっと複雑です。

なぜ日本にはこれほど空き家が多いのでしょうか?

Business Insiderシンガポール支局が報じた。 日本の「ゴーストシティ」問題 2021年に。 問題の核心は、日本の人口が何十年にもわたって着実に都市へ移住しており、ますます何もない田舎から離れていることだ。

NRIのチーフエコノミスト、リチャード・クー氏が当時彼らに語ったように、日本の田舎は90年代半ばから空き地になっている。

人口減少の問題もあります。 日本の出生率は低下した 2022 年には、女性 1 人当たりの出生数が前年の 1.30 人から 1.26 人に減少し、7 年連続で減少しました。

シンガポール国立大学日本学部准教授のクリス・マクモラン氏によると、「問題の核心は日本に十分な人材がいないということなので」欠員問題はさらに悪化するだろうという。

なぜもっと多くの日本人が田舎の空き家を購入しないのでしょうか?

日本人は中古住宅より新築の建物を好む、とクー氏は言う。 その理由の一部は、この国に強力なDIY改修文化が欠けているためだと、OECDの日本経済監視を担当するシニアエコノミストのダグラス・サザーランド氏は当時BIに語った。

構造の安全性も大きな懸念事項です。アキアの多くは、耐震性の向上が求められた 1981 年の建築基準法改正より前に建設されました。

最後に、ほとんどの若者は田舎に住みたくないとマクモラン氏は言う。 限られた機会とは別に、アギアは大きな抑止力になります。

「これほど多くの空き家があるのは景観を損なうものであり、人々は『ゴーストハウス』に囲まれた末端の村に住みたくないので、抑止力にもなる」とマクモラン氏は語った。

オックスフォード大学人類学・博物館民族学学部の博士課程学生であるナターシャ・ドゥリは、日本の岐阜でフィールドワークを行っています。

彼女は、秋屋を購入して改装した若い日本人のことを知っていますが、ほとんどの地元住民はまだ自分たちでそれを試す準備ができていないと言います。

「日本では新しいものを手に入れようとする傾向があり、そのような家のほとんどは住みやすいとは見なされず、望ましいものとは見なされません。多くの人はそれを他人のやることだと考えており、自分がやることではないと考えています。家をリノベーションすることは、大事業だ」とトゥーリ氏はBIに語った。

なぜ日本政府はこれらの家を取り壊せないのでしょうか?

日本の財産権法は政府の介入を困難にしている。 マクモラン氏によると、2015年以前は政府には秋谷所有者の住宅を適切に管理する権利がなかったという。

長期間空き家となった住宅の所有者を見つけるのも困難です。

「家の所有者を見つけるのは大変な労力なので、ほとんどの場合、政府は諦めてしまう」とクー氏は語った。 「つまり、秋谷氏は政府がそれを撤回することさえできずに何年も座っていたのだ。」

いくつかの 外国人居住者は、Akiya を改築する方が母国で家を買うより安いと語る

カナダのバンクーバーで育ったエリック・マカスキルのような一部の購入者にとって、母国で不動産を購入する代わりにアキアを改装して節約できたお金は、無視できないほど良いものです。

カナダ不動産協会によると、カナダのバンクーバー都市圏の住宅用不動産の基準価格は、2023 年 12 月時点で 1,168,700 カナダドルまたは 866,620 ドルです。 マカスキル氏は2023年9月にBIに対し、長野県にある5ベッドルームのAkiyaを2万3000ドルで購入し、改修に7400ドルを費やし、さらに推定7400ドルを費やしたと語った。

マカスキルはアクイアの内壁を塗装した。
エリック・マッカスキル

「上昇傾向にあると言えます」と彼はBIに改装について語った。 「仕事の一部は自分で行うこともできますし、ここには貿易に携わる友人がいるので、安く済ませることができます。」

ジェイ・サーズフィールドさんと妻の千尋さん夫婦がイギリスから日本に移住して購入した 2019年、茨城県の秋屋 $30,000。 両者ともマカスキルよりも多くの資金(約15万ドル)を改修につぎ込んだが、それでもロンドンで家を買うよりも安い選択肢だと考えている。

故郷の北米に家を買う余裕がなかった黒沢ストッカーマンズとジョーイ・ストッカーマンズ夫妻を例に挙げると、彼らは2023年6月に九州の町にあるAkiyaを4万2000ドルで購入した。 友人たちは別荘や短期レンタルとして利用する予定だという。

黒澤とジョーイ・ストッカーマンは日本で秋谷の改修工事に取り組んでいます。
武黒沢さんのご提供です。

彼らはビジネスチャンスを見て設立した オンラインカタログサイト「アキヤマート」 外国人が自分で何かを見つけやすくするため。

しかし、海外からの需要が流入しても、秋谷に対する地元の感情はほとんど変わらないとドゥリ氏は語った。

「私が話をする人の多くはこの地域の出身で、ここで育っていますが、彼らの多くはアギヤの海外への関心についてはあまり知らないと思います」とドゥリさんは語った。 「彼らはそれがとても素晴らしいと感じています。」

READ  東京の展望: パリにおける日本の首都の発展