11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のANAは、5年以内に従業員を解雇するために通年の見通しを20%削減しています


ファイル:2020年10月27日東京の羽田空港として一般に知られている東京国際空港で、地上クルーのメンバーがコロナウイルス(COVID-19)の発生中に全日本空輸(ANA)の飛行機の近くを歩きます。 ロイター/キム・ギョンフン

マギー白木

東京(ロイター)-日本最大の航空会社であるANAホールディングスは、今年度の営業損失を以前の予想から減少させ、スタッフの少なくとも20%を5人に削減する予定です。 年。

金曜日に航空会社は、旅行制限のために予想よりも弱い上半期の結果を報告した後、投資家のプレゼンテーションで顧客とのデジタル対話を加速したため、9,000人の人員削減の計画を発表しました。

9月30日までの6ヶ月間の営業損失は、コスト削減により前年同期の2,809億5,000万円から1,160億円(10億2,000万ドル)に減少した。

ANAは7四半期連続の赤字を報告しており、乗客数の回復が見込まれることから、第4四半期には黒字転換を見込んでいると語った。

しかし、2022年3月までの12ヶ月間では、前回の280億円の営業利益から、1,250億円の営業損失を見込んでいる。

リフィニティブのデータによると、更新前のアナリストの通年営業利益は、平均8件の予想に基づいて897億円と見積もられていた。

航空会社は声明のなかで、「修正された予測は、下半期の収入が会計年度の上半期の収入不足を補うのに十分ではないという発見を反映している」と述べた。

日本は先月末、国のほとんどの地域で非常事態を解除した。 国内観光はゆっくりと回復しているように見えますが、海外旅行、特に次の観光がいつでも大量に戻ってくるという兆候はありません。

この国は、観光客やビジネス旅行者を含むほとんどの外国人の入国を禁止する厳しい規制の対象となっています。

ANAは、国内旅行者の数が3月までに政府19以前のレベルの85%に達すると予想していますが、それまでに海外旅行者は流行前のレベルの30%にしか達しません。

特に観光と旅行の企業は、東京2020オリンピックが、観客や海外からの観光客なしで1年遅れて昨年の夏に開催されたため、失敗しました。

このイベントは当初、日本への観光名所と見なされていましたが、近年、日本経済の悪化を後押しするために、より多くの外国人観光客を引き付ける取り組みが増えています。

(1ドル= 113.5800円)

(Mackie Shirakiによるレポート、DavidDolanとJamieFriedによる執筆、ClarenceFernandezとChristopherCushingによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  2020年東京オリンピックソフトボールスコア:チームが2度目の金メダルを獲得したため、チームUSAが日本に転落