9月 17, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のClausenCovistoRune-TLmagazine

Bukowskisによって提示されました 日本のClausenCovistoRune、有名なスウェーデンの建築とデザインスタジオClausen CovistoRuneによる作品の展示とオークション。 1995年にMortonClausen、Iro Covisto、Ola Runeによって設立されたこのスタジオは、日本との長年にわたるコラボレーションとコンタクトを確立してきました。 この展示会では、過去30年間に日本で設計または製造された、Clausen Covisto Runeのアイテムを代表するオークションで、100以上の場所で、このユニークなスウェーデンと日本のデザインコラボレーションによって生み出された精巧な作品を紹介します。 TLmagは、日本とスカンジナビアの美学の類似点、長年の創造的なパートナーシップの確立、そして日本文化のあらゆる側面に存在する品質の記憶について、モートン・クラウセンに話します。

Dlmac:Ero Covisto、Ola Rune、そしてあなた自身が、1995年に長年の建築とデザインのトレーニングを創設しました。 パートナーシップはどのように始まったのですか?

モートン・クラウセン(MC):私たちは大学の同じクラスにいて、友達になりました。 私たちは一緒にいくつかの仕事をし、勉強中に一緒に2つの試合に勝ちました。 長い話をまとめると、私たちは不況の間に卒業したので、本当に仕事はありませんでした。 しかし、私たちはお互いに一緒だったので、私たちは挑戦し続けるべきだと思いました。 25年後の今、一緒に会社を登録しました。 多くの人がこの創造的なパートナーシップについて質問します。 あなたが良い友達である場合にのみうまくいくと思うので、私は本当にアドバイスをすることはできません。 このようなコラボレーションは、利便性や採用方法の問題であれば、長くは続かないので、個人的な関係を強く信じています。

TLmag:どのようにして日本との長期的な関係を築きましたか? なぜ戻ってきたのですか?

MC:正確には、ユーロは1992年に一人で日本に旅行し、オラと私は1993年に一緒に旅行しましたが、私たちは同じ奨学金を受けていました。 私たちは国を愛したと思います、私たちはまだそれを愛しています。 日本には先入観がたくさんあるので、理解するのは難しいかもしれません。 それは非常に文化的なコミュニティですが、歴史的文化の観点からだけではありません。 これは非常に遠近法の考え方であり、これら2つのことは常に同時に一緒になっています。 欧米では、伝統文化を守りたい人と、創造性を発揮して新しい文化に影響を与えたい人との間に、ある種の競争があると思います。 日本では、そのような対立はありません。 それらは並べて配置することができます。 彼らは彼らの伝統とすべての工芸品に本当に気を配っていますが、同時に彼らは地球上で最も技術的に進んだ国です。 彼らはすべてを最高水準に洗練します。それはデザイナーと建築家としての私にとって天国です。 日本の社会もとても穏やかで、少しユーモアのセンスがあり、とても人道的な見方をしています。 人々はとても思いやりと愛情を持っています。 これは世界で私のお気に入りの場所です。

DLMac:スカンジナビアと日本のデザインアプローチのつながりについてどう思いますか?

M.C. 何年にもわたって日本に帰国した後に私たちが開発した理論の1つは、多くの類似点があります。 日本人は美学を好みますが、それは少なくとも装飾や天然素材の欠如が特徴であり、これらはすべてスカンジナビアで高く評価されています。 日本では、露出を最小限に抑えることを重視するのは歴史的な宗教哲学であると私は信じていますが、スカンジナビアではまったく異なる方法でやって来ました。 約1世紀前まで、スウェーデンは貧しい国でした。 当時、イタリアやフランスで作られたジュエリーや精巧なデザインは購入できませんでした。 今日では、スカンジナビア版のロココが見られます。これは、今日では贅沢が美しいと考えられているため、美しいと考えています。 この美学は私たちにこだわったと思います。 つまり、長い話を言えば、日本の表現とスカンジナビアの表現は非常に似ていました。 これが私たちが日本で歓迎されている理由の一部だと思います。それが私たち自身が日本人に感謝している理由です。

TLmag:あなた自身のスタイルや素材の認識は、日本での滞在によって影響を受けたと思いますか?

MC:とても。 確かに影響力はあらゆる方向から来ていますが、ある特定のことを考えなければならないのであれば、私たちの場合、日本人ほど強い影響力はありません。 家や手工芸品をたくさん購入しましたが、私の家やパートナーの家のほとんどは日本製です。 だからそれは何かを意味するに違いない。

TLmag:展示会とオークションはどのようにして生まれたのですか?

MC:ブコフスキーが私たちに近づいてきました。これはスウェーデンで最も古く、最も有名なオークションハウスです。 それらは機能する多くの種類の材料を持っており、私たちはモダンなデザインに分類されます。 私たちは彼らと話していて、日本で何年にもわたって行ってきたすべてのことを可能な限り収集するというアイデアを思いつきました。これは主に日本の顧客によって行われ、スウェーデンではまだ表示されていないものはほとんどありません。 同様に、これらすべてが1つのショーにまとめられているわけではありません。 それは2つの点でユニークです。 まず、これらのアイテムはさまざまなクライアントやプロジェクト向けに作成されているため、まとめられることはありませんでした。 第二に、日本は非常に孤立した市場であるため、これらの多くは国外では見ることができません。 私たちが楽しんでいる日本を紹介するのを手伝うのは良いことです。それは、日本と交流するほとんどの人とは異なります。 モダンですが、美しく定義されています。

NS 日本のClausenCovistoRune 訪問時間は、ストックホルムのバーセリーパーク1で8月24日から28日です。 オンラインオークションは8月20日から29日まで開催されます。

画像提供 クラウセンコビストルーン。

claessonkoivistorune.se

claessonkoivistorune

bukowskis.com

ブコフスキー

READ  東南アジアにおける日本の過小評価されている金融変革の概要