4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のFTCがAmazonとGoogleのビデオストリーミングサービスに警告

日本のFTCがAmazonとGoogleのビデオストリーミングサービスに警告

経済


東京、3月6日(GGプレス) — Amazon.com Inc.は、ビデオストリーミングサービスが国の独占禁止法に違反する可能性があると発表した。 そしてGoogle LLCは水曜日、日本の公正取引委員会から警告を受けた。

FTCは、米ハイテク大手が自社のテレビOSを使ったストリーミングサービスに損害を与えるために利用規約を一方的に変更した場合、独占禁止法が禁じる優越的地位の濫用に当たる可能性があると述べた。

反トラスト監視機関は両社に対し、利用規約を変更する際にはサービスプロバイダーと十分に協議するよう求めている。

FTCが水曜日に発表した消費者とサービスプロバイダーを対象とした調査によると、AmazonとGoogleのテレビ用オペレーティングシステムが市場の約70%を占めている。 2社による寡占は日本特有のものである。

アマゾンはTVerやAbemaなどの無料動画配信サービスの運営者から手数料を徴収する予定だ。 TVier TV は番組をストリーミング配信していますが、Abema TV は朝日株式会社が所有しています。 FTCはこのプログラムを引き続き監視すると述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  日本が低金利を維持している理由