2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のMOL LNG燃料フェリーが就航

日本のMOL LNG燃料フェリーが就航

日本の海運会社、商船三井 (MOL) の最初の LNG 燃料フェリー、 ひまわり紅、 1月13日にサービスを開始した、と同社は1月16日に語った。

商船三井とグループ会社のフェリーさんふらわあが所有。 搭載 ひまわり紅 同社によると、これは日本初の LNG 燃料船である。 フェリーは、大阪府のさんふらわあフェリーターミナルと大分県の別府国際観光港を結ぶ、大阪―ペブ航路を運航しています。 ひまわりアイボリー.

「これは、LNGと重油の両方で作動できる高性能デュアルフューエルエンジンを含む、最新の環境に優しい仕様を採用した日本で最初の船です」と商船三井は述べました。 「LNG燃料の使用により、二酸化炭素排出量(CO2) 約 25%、硫黄酸化物 (SOx) はほぼ 100% です。

商船三井グループは、2050年までに温室効果ガス排出量ネットゼロを目標に掲げ、国内外でLNG燃料供給体制の整備・整備を通じてLNG燃料の普及を推進しています。

バージ事業では、商船三井はすでに 4 隻の LNG 燃料バージを発注しています。 ひまわり紅. 責任の引き受けに続いて ひまわり紅 この ひまわりむらさき、 フェリーさんふらわあが運航する 1 隻目と 2 隻目の LNG 燃料船は、他の 2 隻のフェリーと共に 2025 年までに就航する予定です。

商船三井は今月初め、石油資源開発株式会社を発表した。 (JPEX)と北海道ガス株式会社は、2025年就航予定の新造LNG燃料船2隻にLNG燃料を供給した。

READ  ルーブルは再び下落し、スイスフランは7年ぶりの高値を記録