5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は、ケースが記録を打ち立てたため、COVIDの縁石の下で2倍の地域に設定されました

2022年1月22日、東京で、コロナウイルス病(COVID-19)の大流行の中で、保護フェイスマスクを着用した訪問者が歩行者用デッキを歩きます。REUTERS/加藤一世

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

東京、1月25日(ロイター)-日本はまた、オミクロン変異によって引き起こされた記録的な数の症例に対処するための戦略を適応させて、それを必要とする人々の迅速な治療を確実にすることを目指しているため、強化されたコロナウイルス抑制下の地域の数を倍増しています。

パンデミックが始まって以来、全国で初めて60,000件を超えた。火曜日に放送局のフジテレビが首都東京で12,813件の新規件数を記録し、大阪地方では8,612件の記録があった。

保健委員会は、オミクロンによる感染症と入院の増加に対応して、京都府西部と大阪を含むさらに18の地域でより厳しい対策の拡大を承認した。

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

縁石は木曜日から2月まで実行されます。 20、地域の知事がレストランやバーに営業時間を短縮し、アルコールの提供をやめるように依頼する権限を与えます。

岸田文雄首相は火曜日遅くの発表で計画を打ち出すことが期待されている。

すでに16の県で実施されている措置は、来月半ばまで全国の70%以上をカバーする予定です。

パネルはまた、2月までの延長を承認した。 すでに実施されている3つの地域でのいわゆる準緊急措置の20。

政府が急増する事件の処理にアプローチをシフトしているので、より厳しい措置がとられます。

保健省は月曜日遅くに、地方自治体が必要と判断した場合、COVID-19患者と密接に接触し、検査を必要とせずに感染していると症状を示した人を医師が診断できるようにすることを発表しました。

松野博一内閣官房長官は、新政策により患者は迅速な治療を受けることができると述べた。

「私たちは、患者が利用できる選択肢を拡大するための方針を提示しました」と彼は言いました。

東北大学の医師兼研究者である神大和明氏は、臨床検査の確認なしにCOVID-19を管理することは、「地域社会の負担が大きい」地域で医師がインフルエンザと戦う方法と似ています。

「重要なことは、一部の人々が最終的に病気になることであり、彼らが安全であることを確認するための優れた監視システムが必要です。入院を提供するだけでなく、新しい経口薬へのアクセスも提供します。」

米国の製薬会社Merck&CoINCの日本部門の社長であるKyleTattle氏。 (MRK.N)、同社はCOVID-19経口ピル、モルヌピラビルをできるだけ早く提供するために取り組んでいると記者団に語った。

岸田文雄氏は議会での討論で、政府はまた、COVID-19患者と密接に接触した人々の検疫期間を短縮することを検討する際に科学的データを比較検討するだろうと語った。

今すぐ登録して、Reuters.comに無制限に無料でアクセスできます

ロッキー・スウィフト、杉山悟、清水律子による報告ロバート・バーセルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターの信頼の原則。

READ  ファンタスティック・ビーストのスター、エディ・レッドメインとジェシカ・ウィリアムズが日本の特別ファンショーに参加