1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は、準緊急事態に先立って、潜在的に厳格な政府-19規則について警告している

東京-岸田文雄首相は、事件が増加した場合、木曜日(1月6日)に本格的な非常事態宣言を躊躇しないと述べ、Kovit-19による最初の深刻な政治的試練に直面している。

彼がしたようにそれは来る 沖縄、山口、広島の軽い半緊急事態を規制することです 金曜日に、一流の医療専門家は、日本が第六の波の真っ只中にあると警告しました。

岸田氏(日本で3番目の政府-19歳のリーダー)は、木曜日の訪問訪問中に記者から強い圧力を受けていました。彼は大きな圧力に直面し、事件の数は制御不能の危機に瀕していたからです。

日本では、9月18日から4,475件が木曜日に報告されました。 その数は水曜日の2,678感染のほぼ1.7倍であり、1週間前の515感染の8.7倍です。

国民は曲がっている Covid-19プロトコルが米軍基地で誤動作している、その存在はすでに日本のいくつかの地域で論争の的となっています。

3つの地域はすべて、半緊急のホスト米国拠点の下にある必要があります クライアントのための緩いプロトコル、 彼が先週の木曜日に到着したとき、現在の蜂起を非難して、テストと隔離の規則が施行されました。

林芳正国務長官は木曜日、アンソニー・ブリンゲン国務長官に対し、野営地外での覆面を外した社会化の報告を含め、米軍に全面的な行動をとるよう要請した。

林氏は、「マスクの義務化などの措置が強化されていることは承知しているが、不必要な外出の制限などの追加措置を模索している」と述べた。

岸田氏は軍事基地の台頭を公然と非難し、外交紛争に関与することを拒否したが、沖縄県知事の玉城デニーと山口県知事の紫熊座室香は戦術的ではなかった。

玉城氏は、自国の米軍基地での事件件数などのデータを秘密にしないという「構造上の問題」を指摘し、室岡氏は、出発前のチェックなどの基本的な業務がスタッフの前でどのように行われるかを指摘した。日本に入る。 「かなりの量の抵抗」を生み出します。

日本は9月下旬以来、症例数を数百件と低く抑えています。

しかし、侵入を許可したように見える穴 最も伝染性のあるオミクロンの亜種、現在の急増の理由として、新年のピーク旅行と遠足だけでなく、引用されています。

半緊急事態では、県当局は企業に営業時間の短縮と店頭での酒類の禁止を求める場合があります。

READ  ラグビー:アイルランドのグレートギアニーは野蛮人の外出後に引退する