2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は「民泊」の民泊規則を緩和する

日本: 日本政府は、「民泊」バケーション レンタルを運営するプロパティ マネジメント ビジネスに対する要件の緩和を検討しています。 [i.e. private lodgings on platforms such as Airbnb] 国内の地域観光を促進するための取り組み。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)後、日本に帰国する外国人観光客の急増が予想されるのに先立ち、政府は早ければ今夏にも国土交通省の命令を改正し、民泊レンタル事業の従業員の要件を削除することを計画している。 その分野での実務経験または資格を持っている必要があります。

現行の政令により、職員は不動産業界に2年以上勤務するか、不動産取引業者の資格を取得している必要があります。

住宅宿泊事業法により、プロパティマネジメント会社は、5部屋以上の住宅宿泊施設を運営し、清掃とチェックインの確認を処理する必要があります.

要件の改訂の可能性に関する決定は、日本民泊協会の意見と比較検討されます。 [JAVR].

昨年 4 月の時点で、JAVR は日本で 2,993 の電動スクーター レンタル ビジネスが運営されていると推定しており、そのほとんどは都市部に集中しています。 組織によると、これらの企業の70%は東京、大阪、福岡などの主要都市にあり、青森、福井、高知を含む13の都道府県には10軒以下の民泊施設があります。

首都圏以外では、民泊に適した住宅や宿泊施設が緊急に不足しているわけではありませんが、多くの不動産所有者は、既存の配管要件のために、都市部の管理会社への清掃などの外部委託に困難を感じていると報告しています。

STRzが日本を探検 民爆との関係 国の延期されたオリンピック/パラリンピックに先立ち、Airbnbはスポンサーでした[andwillremainsountil2028[மேலும்2028வரைஅப்படியேஇருக்கும்[andwillremainsountil2028

READ  日米の金メダルゲームをライブで見る方法