6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は世界初の木造人工衛星を建造した、それは大きな出来事だった

日本は世界初の木造人工衛星を建造した、それは大きな出来事だった

林業会社と宇宙機関が交わることはあまりないが、京都大学と住本林業という会社が協力して世界初の樹木衛星を製作した。 この衛星は9月にケネディ宇宙センターから国際宇宙ステーション(ISS)に向けてスペースXロケットで宇宙に打ち上げられる。

世界初の木製人工衛星。 画像提供: 京都大学および住友林業伐採研究所。

木と肉の空間

「非金属衛星が主流になるべきです」と宇宙飛行士であり、京都大学の高名教授である戸井タコ氏は言う。

奇妙に思われるかもしれませんが、木材は実際に宇宙に送るのに適した材料になる可能性があります。 宇宙と同様の条件で保管された木材は、質量の損失や腐敗が見られず、持続可能な資源です。 地球の大気圏に再突入すると、木製衛星は有害な残留物を残さずに完全に燃え尽きると予想されているが、大気圏再突入後も生き残って地球汚染や破片の原因となる金属製衛星とは異なる。

金属ではなく木材を使用するもう 1 つの利点は、木材は基本的に多くの波長に対して透明であることです。 これにより、アンテナを木製フレーム内にしっかりと収めることができ、外部アンテナが不要になります。 現在、新しい衛星が軌道に打ち上げられるときは、外部アンテナを展開する必要がありますが、これは失敗することもあるデリケートなプロセスです。 基本的に、木材を使用すると衛星がよりシンプルになり、より安価で安価になります。

軌道上にはさらに多くの衛星があります。 画像クレジット: NASA。

新しいリグノサット衛星の打ち上げから 4 年が経過しました。 サイズは全方向で 10 cm (4 インチ) です。 エンジニアたちはマグノリアの木に落ち着き、さまざまな種類の木材を実験しました。 うまくいけば、衛星は今後 JAXA (日本の宇宙機関) に送られ、そこから ISS に送られ、そこで強度と耐久性がチェックされることになります。

住友林業の広報担当者は水曜日、AFPに対し「衛星からのデータは、歪みの兆候がないか、衛星が大きな温度変化に耐えられるかどうかを確認できる研究者に送信される」と語った。

衛星は深刻な問題となっている

衛星汚染が大きな問題ではないと思われる場合は、おそらく注意を払っていないでしょう。 衛星の数は近年増加傾向にあり、急速に増加する兆しを見せています。 これは多くの問題を引き起こします。

まず、宇宙ゴミは国際宇宙ステーション (ISS) やその他の有人ミッションにとって重大な脅威となります。 たとえ小さな衝撃でも、宇宙飛行士の安全とステーションの完全性に影響を与える可能性があります。 そして、衛星の数の増加は光害を引き起こし、天体観測や自然の夜空に影響を与えます。 これは、地上の望遠鏡や天文研究では特に問題になります。 しかし、木材は実際には人工衛星を無力化するのに役立つ可能性があります。

軌道上の衛星の数が増えると、それらを安全に廃止するためにさらに注意を払う必要があります。 軌道を離脱した衛星は再突入を維持し、地球の大気と地表の汚染につながる可能性があります。 また、衛星に使用される材料は有害な残留物を生成し、破片を残す可能性があります。

「地球の大気圏に再突入したすべての人工衛星は燃え尽きて小さなアルミナ粒子を形成し、それが何年にもわたって上層大気中に浮遊することになる」と日本人宇宙飛行士であり、京都大学の航空宇宙技術者でもある土井隆雄氏は最近警告した。 「最終的には、これは地球環境に影響を与えるでしょう。」

次のステップ

リグノサットを設計した研究者は、以前にも宇宙で木材をテストしたことがあります。 2年前、研究者たちは 3種類の樹木がISS外の過酷な環境にさらされた 10か月以上の期間にわたって。 この新たな実験が成功すれば、木製人工衛星が実用化されるまでに1~2年かかることになる。

「将来は電子基板部分(内部)をすべて木製にした人工衛星を作りたいです」 言った 土井たかお。

ご意見ありがとうございます!

READ  日本はサモア挑戦に向けて2つの重要な変更を加える