11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は企業を支援するために気候変動資金を促進すべきである-元日銀幹部


ファイル写真:2015年4月9日、東京のロイターとのインタビューで、元日本銀行副総裁の長沢宏氏。 ロイター/篠優也

東京(ロイター)-日本の投資家は、気候変動への資金提供を奨励されるべきである。多くの中小企業は、完全に環境に配慮する前に事業を再構築する必要があるからだ、と中曽宏元日本銀行副総裁は述べた。月曜日。

移行融資は、より環境に配慮した事業に移行するために、排出量の多い企業に融資することを目的としています。 談話におけるコンセンサスの欠如は批判を引き起こし、それは高排出企業が継続することを奨励するでしょう。

長沢氏は、「(グローバルな)分類法の議論で完全に無視されなければ、移行段階での企業の取り組みが十分に評価されない可能性があることを少し懸念している」と述べた。東京をグローバルな金融ハブとして推進する組織。

石油や化学産業などのほとんどの炭素排出産業は「茶色」と表現されており、より環境に配慮したビジネスモデルに移行するよう投資家からの圧力に直面しています。

グリーン資金についての話は「グリーンとブラウンの間のバイナリアプローチ」をとる傾向があり、その間のものを考慮せずに移行を行うには資金が不十分であるため、環境に優しい事業活動に移行する可能性があると彼は付け加えた。

長沢氏はオンラインセミナーで、「転換資金は…東京のグリーン資金イニシアチブの不可欠な部分であるべきだ」と述べた。

日本は、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目指しており、経済が海運、化学、鉄鋼などの高排出産業への依存度を高めるにつれて、チェンジファイナンスを強化したいと考えています。

政府は5月に変更ファイナンスのガイドラインを作成し、2022年3月までに鉄鋼、化学、公益事業などの業界のより環境に配慮した事業への移行の青写真を提供する予定です。

(木原ライカによる報告、ベルナデットパーム編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  沖縄の榊島に接近するハリケーン