8月 11, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は低所得国のために世界銀行に34億ドルを約束しました

東京、12月15日(ロイター)-日本は、低所得国がCOVID-19の流行から回復するのを助けるために、世界銀行の国際開発協会(IDA)への最大の貢献で34億ドルを約束した、と財務省当局者は月曜日に言った。 火曜日。

日本が世界第3位の経済大国の主導で1年以内に開始されたIDAの20周年にオンライン会議を主催したため、ワクチンと医療システムを改善するための資金不足が懸念される中で誓約が行われました。

IDAの議題は、世界的な健康、気候変動、自然災害の緩和から開発途上国の信用の透明性に至るまで、譲許的支援の最大のプロバイダーです。

「今こそ世界統一の時だ」と鈴木俊一財務相は集会に語った。

「世界はCOVID-19により前例のない危機に直面しています。私たちは極度の貧困を終わらせ繁栄を分かち合うという記録を失う危険にさらされています。」

世界経済は今年も来年も着実に成長すると予想されていますが、先進国と開発途上国の格差は拡大しており、極度の貧困を管理する取り組みが損なわれています。

10月、20の経済大国のグループの財務リーダーは、IDAの野心的な完成を楽しみにしていると述べました。

世界銀行は、3年ごとの資金調達トレーニングを通じて、年末までにIDAのために900億ドル以上を調達することを目指しています。

総額249億ドルの13.8%にあたる日本のシェアは、IDAの要請により償還されるサブスクリプションの形で、前回の充足演習と同じ割合で32億ドルでした。

当時、日本は英国に次ぐ貢献者であり、米国、ドイツ、フランス、中国がそれに続いた。

249億ドルは、過去のIDAによるローンの返済や有価証券の発行を含む、総補充の重要な要素です。

最長期間にわたって最低金利で融資と助成金を提供するIDAは、2019年12月に820億ドルの資金を最後に調達しました。 (田中哲司による報告、クラレンス・フェルナンデス編集)

READ  Huaweiのお客様向けの限定オファーとお得な情報