11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は価格を管理するために石油埋蔵量を解放することを計画している-京都

東京(ロイター)-日本政府は原油価格の上昇に対応して埋蔵量から石油を解放することを検討している、と京都通信社は証拠を引用せずに土曜日に報じた。

京都は、過去に自然災害や地政学的リスクに直面して日本が海外で石油埋蔵量を利用したにもかかわらず、日本が価格を下げるために石油埋蔵量を解放したのはこれが初めてだと述べた。

政府関係者はすぐにコメントを得ることができなかった。

米国大統領ジョー・バイデンの政府は、承認率の低下とガソリン価格の上昇に直面しています。https://www.reuters.com/business/energy/asia-looks-spr-shock-treatment-high-oil-prices-after-us-request- 2021-11-18世界の主要経済国のいくつかは、エネルギー価格の上昇を緩和するために、戦略的備蓄から石油を放出することを検討する必要があります。

要求には、中国に初めて原油埋蔵量の解放を検討するよう求めることも含まれます。

日本は、米国の連結株式発行の最初の発表に前向きに対応しており、そのような動きを検討していると、この問題に詳しい人は以前ロイターに語った。

ロイター通信によると、松野官房長官は木曜日、米国の要求についてコメントを控えた。

同氏は記者団に対し、「原油価格の上昇が世界のエネルギー市場と日本経済にどのような影響を与えるかを引き続き検討している」と述べた。 「産油国に石油増産を呼びかけながら、主要な消費国や国際エネルギー機関などの国際機関と連携し、エネルギー市場の安定化に努めていきます。

非生産的な日本は、その石油のほとんどを中東から受け取っています。 最近の原油高と円安により、輸入コストは2倍になり、貿易国にも2倍の打撃を与えた。

岸田文雄首相は金曜日、石油価格の高騰に対抗するための措置を含む4900億ドルの刺激策を発表した。 石油と燃料の卸売価格を引き下げ、石油価格の上昇による家庭や企業の苦痛を軽減することを期待して、石油精製所に助成金を支給する予定です。

岸田文雄首相は先月の閣僚会議後、「産油国に原油増産を促すことが重要だ」と述べた。 「どの業界が影響を受けているかを確認した後、断固たる行動を取る」と語った。

(田中哲司による報告、ウィリアム・マラードによる編集)

READ  日本の首相は、中国とNKからの脅威の中で安全性を高めることを約束しました