10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は再開していますが、厳格なCovid規則により観光客が遠ざかっています

東京—日本は完全な再開に近づいており、数日中に発表が予定されています. しかし専門家によると、新型コロナウイルスのパンデミックによる長期にわたる閉鎖は、国際的な投資家、学者、観光客の目的地としての評判に永続的なダメージを与えている.

日本は、Covid-19の懸念から外国人の到着を厳しく制限しています。これは、国の主要経済国とアジア太平洋の近隣諸国のほとんどの間で外れ値を生み出した科学的に特異なアプローチです. 観光客の受け入れを再開.

人種差別があります 狂った 政策立案者とニュースは、外国人をウイルスの蔓延に関連付けました。 投資家、学者、留学生は、プロジェクトを別の場所に転用しています。 日本が最近団体旅行の受け入れを開始した後でさえ、厳しい監視と官僚的なハードルが観光客の関心を遠ざけることがよくあります.

現在、日本は世界と再びつながる中で、信頼のギャップに直面しています。 ビジネス、学界、政策立案、外交の各界の著名人が、もてなしを重んじる文化としての日本のイメージを打ち砕きました。 たとえ完全に再開したとしても、日本は足場を取り戻すための具体的な措置が必要になるだろう、とこれらの人々は語った。

日本は旅行者のためのCovidテストを緩和しますが、観光を復活させるための戦いに直面しています

「2022年に、G-7諸国とその近隣諸国との間のピークは…実際にこの認識のギャップを広げました」と、ニューヨークに本拠を置くジャパンソサエティの社長兼最高経営責任者であるジョシュアW.は述べました. ウォーカーは言った。 – 日本との関係。 「英国、シンガポール、台湾、韓国など、他の多くの国がこれを発見し、多かれ少なかれ非常に通常の方法で活動しています…そして日本は現在、赤ちゃんの一歩を踏み出しています。」

ウォーカーは、孤立の問題と認識されていることに、この国が明らかに無関心であることに不満を感じている専門家グループの 1 人です。 彼らは、日本を外国人に開かれたものとして宣伝するための強力な努力がなければ、海外からの関心が低く、国内への影響についての懸念が続くことを心配しています.

昨年の世論調査では、国境封鎖に対する広範な支持が示されており、アナリストによると、岸田文夫首相が 7 月までに完全に再開することは政治的に困難でした。 選挙. 6 月末に実施された日経の世論調査では、1 日あたりの視聴制限の引き上げに 49% が賛成し、44% が反対でした。

「日本が本気になれば、ここから立ち直れると信じています。 しかし、まだ完成しているとは思えません」とウォーカー氏は語った。

懸念は、日本がパンデミックからの回復の遅れと、最近ドルに対して 24 年ぶりの安値を記録した円安に苦しんでいることから生じています。 ビジネスリーダーは、インバウンド旅行の完全な再開が経済を後押しし、多くの観光客が通貨安を利用することを熱望するだろうと主張した.

しかし、日本経済同友会は今週、同国のアプローチは日本を「より複雑で要求の厳しい」目的地と見なしていると述べた.

「日本は、日本を愛し、日本を愛することができる多くの人々をだましてきた」と、名古屋の南山大学で政治学と医療政策を専門とする山岸貴津教授は語った。 「国境封鎖は、日本を訪れる予定だった多くの観光客を動揺させただけでなく、日本は今後数年間、より慎重になるだろう.」

日本の強制的なツアー、旅行制限、およびコロナウイルスプロトコルをナビゲートする方法

最も厳しいパンデミック制限のいくつかを制定した後、日本はこの春、一部の外国人に対する複雑な要件を備えた段階的な再開を開始しました. 外国人観光客は、認可された旅行代理店を通じてのみツアーを予約でき、Covid-19 をカバーする医療旅行保険に加入している必要があります。 先週まで、観光客はガイドが必要です。 訪問者は、お互いに 6 フィート離れていない限り、会話を避けるためにマスクを着用する必要があります。

日本政府観光局によると、6月に団体ツアーが再開されたとき、入場した観光客は252人だけだった。 7 月には、その数は約 7,900 に増加しました。

しかし、それはパンデミック前のレベルには程遠い: 2019 年、日本は記録的な 3,200 万人の外国人観光客を迎え、2020 年には 4,000 万人に到達することを目指していた. によると 日本商工会議所。

東京は現在、10月に行われる可能性のある完全な再開を検討しています. 日経アジアによると. 首相官邸は声明の中で、国は「国内外の流行状況とニーズ、および他の国の国境管理措置を考慮して、7つの基準に沿って国境を容易にする」と述べた.

米国、欧州、日本研究の何百人もの教育者と学生を調査した、バージニア州のウィリアム&メアリー大学日本研究准教授の佐々木智之氏は、閉鎖は学界に連鎖的な影響を及ぼし、それは何年も続くだろうと述べた. アジア。

調査結果によると、学生は日本研究プログラムを中退し、研究者は、日本で研究を行うための助成金要件を満たすことができず、一部の学校で日本研究部門を閉鎖する恐れがあるため、資金を失っています。 一流大学の教授は、渡航制限の結果、学生が日本を勉強するだけではないことを示唆する調査に回答しました.

日本の文部科学省によると、日本で学ぶ留学生の数は、2019 年から 2021 年の間に約 4 分の 1 に減少します。

「先駆者たちがこの産業を発展させるには長い時間がかかりました。しかし、現在、この日本政府の非常に厳しい国境管理のために、それは本当に崩壊しています」と佐々木氏は語った.

日本にトム・クルーズ? わかった日本の普通の観光客? 良くないですよ

ビジネスリーダー 押す 完全再開に向けて、 という警告 潜在的な投資の損失。

在日米国商工会議所のクリス・ラフラー会頭は、「日本は対内外国投資を拡大する絶好の機会に恵まれている。これは政府が過去20年間目標としてきたものだ」と語った。 「現時点での相対的な円安は、原則として、日本への投資に関心のある人々が真剣に検討する素晴らしい機会を提供しています。」

しかし、国内の課題が立ちはだかる。 山岸氏は、政府の国境政策の正当化が国民の懸念を煽り、空港で陽性反応を示す人の割合が低いなど、事実を提供せずに恐怖を煽っていると述べた。

レストランから 博物館運営者多くの人は、外国人がマスクの着用や社会的距離の確保などの日本の社会的期待に違反し、コロナウイルスの症例が増加することを恐れています.

「外国のニュースでは、マスクをしていない外国人の写真をよく見かけます」と、東京都港区の居住者は最近、ウォードのオンライン パブリック コメント セクションで指摘しました。

「英語、中国語、韓国語などの言語で外国人観光客にどう対応するかを考えるべきだ」とその人は書いた。 「港区民の命を守ってほしい」

READ  セルティックス京子をめぐる決定は日本で論争を引き起こしている