6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は南シナ海での中国に対抗するため、国内最大の巡視船の建造を計画している

日本は南シナ海での中国に対抗するため、国内最大の巡視船の建造を計画している



海上保安庁(海上保安庁)は、運用能力を大幅に強化する国内最大の多目的巡視船の建造を検討している。

海上保安庁関係者らによると、提案された船舶は既存の海上保安庁の船舶よりも大型で、高速ゴムボート数十隻とヘリコプター3機を搭載可能だという。

日本のメディアは、新しい船は巡視船としてだけでなく、総合的な海上プラットフォームとしても設計されると報じた。 他の巡視船を指揮し、多機能な役割を果たすことができる。

当局者らは特に、東シナ海の係争中の尖閣諸島周辺での作戦にこれを使用することに関心を示している。 この船は緊急避難や災害対応任務において非常に貴重なものとなるだろう。

この取り組みは、迅速な展開と調整が必要な状況への戦略的対応を表しています。 ゴムボートを追加することで、遠征中に多数の船舶に遭遇した場合に沿岸警備隊が効果的に対応できるようになります。

海上保安庁は2023年度、数千万円(数十万ドル相当)を投じて民間業者に依頼し、船の基本構造を調査させた。 同社は3月に調査結果を発表し、詳細なロードマップへの道を開いた。

クレジット: 海上保安庁

現在の計画では、海上保安庁最大の巡視船の3~4倍の重さの船の概要が示されている。 新しい船は長さ約200メートル、総重量3万トン。 さらに、この船は最大 1,500 人の乗客とさまざまなコンテナを収容できるように設計されており、多用途性が向上しています。

海上保安庁は2025年度予算概算要求に建造費を盛り込む予定で、2029年度までの運航を目指す。 近い将来、2隻目の船も建造する計画だ。

しかし、この野心的な計画は沿岸警備隊内で議論を引き起こした。 海上保安庁の慢性的な人手不足と、そのような船舶が十分に活用できるかどうかについて懸念が提起されている。

また、尖閣諸島の戦略的重要性を考慮すると、中国を刺激する恐れもある。

こうした懸念にもかかわらず、この船は日本の海洋能力の重要な向上とみなされている。 海上保安庁は当初、内水域の秩序と安全の維持に重点を置いていたが、対外関係の促進や近隣諸国の能力構築への貢献など、国際的な責任をますます引き受けるようになった。

この船は中国に対抗する上で極めて重要となる

より大型の巡視船を建造するという日本の海上保安庁の計画は、日本の尖閣や中国の天魚島として知られる係争中の島々周辺の日本の領海への中国船の頻繁な侵入に対処する能力を向上させるだろう。

仙岳諸島は長年、日本と中国の間の火種となっており、無人島を巡って両国は頻繁に衝突してきた。

例えば、6月7日、中国海警局の武装船4隻が日本が領土と主張する海域に進入したことを受け、日本は北京に抗議した。 大砲を搭載したとみられる中国船4隻が係争中の島々近くの日本の領海に侵入したのは初めて。

日本政府関係者によると、中国が同諸島を占領しようとする可能性がある場合には、数隻の小型船舶を使った上陸部隊が関与することになる。 このようなシナリオでは、新しい多目的巡視船は、これらの脅威に効果的に対抗するために小型船舶を配備できるようになります。

政府関係者は「敵の上陸がいかに困難かを知ることで抑止力が高まる」として、この能力強化の戦略的重要性を強調した。

中国海警局の船

この船には豊富な食料と物資が搭載されており、「浮遊プラットフォーム」として機能し、抑止力と作戦能力を強化できる。

海上保安庁は、主な防衛の役割を超えて、この船の広範な輸送能力を災害救助や避難活動に活用することを計画しています。 これには、中国が関与する武力紛争が発生した場合、先島諸島やその他の台湾付近の地域から住民を避難させる可能性が含まれている。

2023年、日本政府は 承認されました 有事の際の防衛軍と海上保安庁間の連携を改善するための新しいガイドライン。

これらのガイドラインは、住民の避難や海上での捜索救助活動など、安全保障の脅威や人道的危機に対する包括的かつ協調的な対応を確保する海上保安庁の責任を概説している。

READ  DAVIDS - NEWS - 第525戦闘航空団が日本への展開に成功し帰国