9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は台湾に100万回以上のCOVIDワクチンを接種する予定です

日本の斎藤利三外相は、2021年6月29日にイタリアのモデラで開催されるG20外相サミットに出席する予定です。 ロイター/ヤラナルディ

東京、7月13日(ロイター)-日本は今週、寄贈されたコビット-19ワクチンの3番目のバッチを台湾に送ると、日本の外務大臣のモデキトシミツは火曜日に言った。 ワクチンを接種します。

アストラゼネカPLC (AZN.L) ショットは木曜日に出荷され、台湾への寄付総額はこれまでのところ340万に達します。

最初のバッチは6月に送信され、続いて今月初めに2回目の寄付が行われました。

台湾の外交部は、特に日本が独自の深刻なコロナウイルスの状況に直面しているときに、感謝の意を表した。

「台湾と日本の友情は変わっていない。外務省は、自由と民主主義への愛情深い支援と強力な支援に対して、パートナーに改めて感謝したい」と付け加えた。

台湾は、今年初めの中国の介入がドイツのBioendechSEからワクチンを入手する合意を阻止したと不満を述べている (22UAy.DE)、北京は拒否したが、それ以来、政府への寄付を受け取っている。

先月、米国はModernaIncに250万を寄付しました。 (MRNA.O) リトアニアのバルト三国は、アストラゼネカワクチンの20,000ショットを約束しました。

台湾は予防接種プログラムを急速に拡大しており、これまでのところ、2,350万人の人口の10分の1だけが、ツーショット期間の少なくとも1つを受けています。 しかし、政府には何百万もの人々がいます。

台湾独自の小規模な国内COVID-19の発生は、時折社会感染が発生するものの、現在は一般的に抑制されています。

ロッキースウィフトレポート; 台北のベンブランチャードによる追加レポート。 RajuGopalakrishnanによって編集されました

私たちの基準: トムソンロイター財団の原則。

READ  東京オリンピックに幕が下がるが、日本にとっての本当の試練はまだ来ていない